いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 2月 東京月例会 | main | 2月 東洋医学と養生の会 >>
2月東京接心会

少し風が強いですが、気持ちよく晴れている土曜日。

東京接心会が行なわれました。

写真は旧本堂です。私が参加させて頂く様になった十年位前は写真の

本堂で坐禅をさせて頂きました。懐かしい( ^ω^)・・・。

 

実技

 

今日は朽名先生と山野先生に御指導頂きました。

私も入門時から両先生に指導を頂いておりますが、学校で習った

事と臨床の現場では技が違うので、入門したての頃は憶える事に

必死でしたが楽しく稽古させて頂いた事を記憶しています。

 

講義 女性と漢方 

 

荒木正胤 先生 『漢方養生談』より

 

漢方では、古くから婦人の三十六疾といって、男性にはみられない病気

があって、『血のやまい』とか『血の道』とかいっていました。

幕末にでた古方医学の大成者尾台榕堂先生は、その名著の中で、「婦人が

故なくして、寒けがしたり、体がカッと熱くなったりして、頭痛、目まい

みずおちのところがつかえて、嘔きけ、胸わる、体がだるく、あるいはシ

ビレたり、なんとなく気がふさいで人に対することをにくみ、あるいはし

きりにあくびがでたりするものを俗に血の道といっているが、柴胡桂枝湯

を与えるのがよい。」といっています。

 

荒木先生の解説と、横田先生の解説を交えて朽名先生に女性の血の道症、更

年期障害に使用する湯液の解説をして頂きました。

 

坐禅

 

私個人は、「どうしたら、上手く坐れるか」をテーマに坐らせて頂きました。

曹洞宗の板橋興宗禅師が以前NHK『こころの時代』で語っておられましたが

「わしは六十年坐禅をしている事になっているが、今でもいろいろ(坐禅中)

沸いてきます」なかなか上手く坐るのは難しいのだなと感じます(^▽^)

 

次回3月は第3土曜日21日に行われます。奮ってご参加下さい。

 

文責 森

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 東京接心 | 17:05 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE