いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 1月 東京接心会 | main | 関西支部研修会 >>
2月 笠間研修会

ポカポカ陽気から一転、平年並みの気温に下がった週末。

2月1日〜2日にかけて、笠間研修会とミニミニ接心会が行われました。

 

洗心館に着いたら、座禅堂に移動します。

気温が低いせいか、空気が澄みわたり星が肉眼でもよく見えます。

天然のプラネタリウムですね✨。

これはスマホのカメラではお伝えしきれない感動なので、是非とも笠間研修会に参加し、その目で確かめてみてください😉。

 

1、座禅

指導者の藤田先生より、初伝の中野先生へ版木の指導が行われています。

こうして先輩方が八郷接心時代から培ってきた経験が継承されてゆきます。

座禅堂から見える景色です。

合宿所が山の上なので、麓の町の夜景がとても綺麗です。

もう少し暖かくなったら、屋外で坐禅をしてみたいですね。

夜の座禅は3炷座ります。

合宿所の座禅堂もすっかり綺麗になりました。

中野先生、迫力あるお見事な版木でした。

中野先生の気合にあてられて、合宿所の犬達も大合唱をしていましたね🐶。

 

2、傷寒論真髄講義

前回の続きで機関誌『いやしの道 14号』を読んでゆきます。

今回は『邪とは?毒とは?寒熱とは?虚実とは?』、その定義について坂田先生からの質問があり、白熱のあまり終了時刻を1時間オーバーしてしまいました💦。

 

3、茶礼

もはや冬の恒例行事と化している感のある熱燗です(笑)。

座禅修行、傷寒論真髄講義で心身共に酷使した体に染み渡ります(笑笑)。

中野先生が海野先生よりいただいた高級食材『カラスミ』を持ってきてくださいました!

海野先生、ありがとうございます。みんなで美味しくいただきました。

…出張板前?。いえ、高橋先生です。

高橋先生、似合い過ぎていて怖いです(笑)。

これから受け継がれるだろう、典座用エプロン!(藤田先生 寄贈)

 

2日目

1、開静・掃除

朝5時に起きて掃除を始めます。

お世話になる合宿所ですから感謝を込めてお掃除です!

 

2、朝課

舩阪先生の気合の入った木魚のリズムに合わせて禅宗日課聖典を唱えてゆきます。

そらで唱えられる所も増えてきたので、聖典を見ずに挑戦してみるのですがまだ詰めが甘いかな…と反省しました。

 

3、粥座・片付け

昨夜の茶礼で本職の板前さんかと見紛う姿を披露してくださった高橋先生の典座です。

きのこ粥と白菜のお漬物、白菜は坂田先生からの差し入れです。

皆さんのご厚意・協力・努力で笠間研修会は成り立っています!

 

4、座禅

朝の座禅も昨日に引き続き座禅堂で窓を全開にして3炷座ります。

心なしか朝の寒さは夜の寒さと質が違う気がします💧。

我々の気合も、迫力ある版木の音も吸い込まれてしまいそうな澄み渡った冷気でした。

 

5、作務・治療

今回から使用させていただいている座禅堂を窓からサッシまで感謝を込めて綺麗にします。

治療の方は、前回も来ていただいた地元の方(2名)を藤田先生、船坂先生が治療にあたりました。

 

6、斉座・片付け

そうめんを湯にくぐらせていただきました。胃に優しいので自宅でも試してみたいと思います。

反省会を行って観風先生宅へ移動です!

 

ミニミニ接心会

 

1、座禅

掛け軸は「春風満草庵」です。春の兆しを感じる日差しの中で座ります。

 

2、講話(言志四録)

佐藤一斎の『言志四録』を読んでゆきます。

その流れでいやしの道の修行に於ける学術だけではない『道』の重要性に関するご指摘を観風先生よりいただきました。

厳しくも暖かいご指摘に身が引き締まる思いです。

 

3、実技

 自分の課題を自分自身で工夫し、出来ないことを自分の考えを述べた上で、先生にぶつける。

各々の課題を出し合いながらの実技となりました。

いやしの道協会の月例会で学んだ技術の確認、臨床でぶつかっている壁、などなどを観風先生に直接質問出来る貴重な時間です。

 

4、反省会

反省会では皆が各自の反省・課題をあげてゆきます。

時間が少し余ったので、昨日の傷寒論真髄講義の疑問点を観風先生にぶつけてみました。

結果、観風先生による一刀両断!

快刀ならぬ、快答乱麻を断つ。御見それしました。

…あの白熱した1時間はいったい…(笑)。

 

次回の笠間研修会は2月29日〜3月1日の月またぎの形で開催されます。

皆様、奮ってご参加ください。

(文責:松本、中野、坂田)

| 笠間研修会 | 21:00 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE