いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 11月 東京月例会 | main | 12月 初伝フォローアップ講座 >>
12月 笠間研修会

長雨から解放され、久しぶりの晴れを堪能した11月30日〜12月1日にかけて、第2回笠間研修会が行われました。

 

しかし、いつもの場所・いつもの時間に集合したのですが、辺りはすっかり暗くなっており、更に肌を刺すような寒さが冬の訪れを感じさせます。

でも三日月は綺麗でしたね。

下弦の月というやつでしょうか?

 

1、坐禅

洗心館に着くと19時半を過ぎていました。

版木をセットして早速坐禅開始です。

夜の坐禅は時間の都合で3本となりました。

12月の山奥の寒さが嫌でも気合いを掻き立てます。

 

2、茶礼

今後の笠間研修会の展望について、話が進みます。

他には観風先生の過去の治療について、四部録についての話にも花が咲きました。

 

ちなみに、今回のお酒は熱燗にしたのですが、寒い時には最高ですね🍶

日の粥座の準備をする、自称『典座舎弟』の中野先生。典座番長、藤田先生の後継者になれるでしょうか⁉

 

2日目

 

1、起床・掃除

久喜さん合流。朝3時半起きで来てくださったそうです😲。

お世話になる洗心館の掃除開始です。

2、朝課

朝はまず朝課から。

八郷から変わらぬ伝統です。

3、坐禅

朝の坐禅は4本坐ります。

2本目終了の時点で経行がてら、坐禅堂へ移動しました。

冬の板の間は寒い😱。

気合いを入れなければ乗りきれません💧。

4、粥座

暖かいお粥をいただきます。

体に染みわたる…。

中野先生、大変美味しい粥座でした❗

ようやく体が温まってきました。

食べ終わり、食器を片づけていると何やら隣で物音が……。

典座番長、緊急出動❗

これは斉座が楽しみです❗❗

5、傷寒論真髄 輪読

いやしの道の根幹、傷寒論真髄の勉強です。

今回は十三章、桂枝湯を読みました。

質疑応答では、子供への漢方薬の処方や、背候診、悪寒悪風の違いなど、多方面からの質問が指導者の先生方へと飛びます!

6、作務

作務の時間になる頃には、日が出てきてだいぶ暖かくなってきました。

山の天気は1日の中でも変動が大きいですね。

亥年最後の作務ではイノシシが掘った穴をスコップで埋めました。心の凹凸も平らにならせたらいいですね。

7、斉座

天気が最高に良いため、外で斉座にしようということになりました。

朝の凍える様な寒さとは打ってかわり、作務で疲れた体に心地良い冷気です。

おまけに、雲一つ無い日本晴れ、吾國山と見事な紅葉に囲まれ、藤田先生がご自分の畑で育てた蕎麦の実を使った手打ち蕎麦、オーナーさんから果物の差し入れまでいただきました。それを道友と談笑しながら食す。

………修行に来ている筈なのですが、こんな贅沢をしてよいのでしょうか?(笑)

8、治療・実技

今回はオーナーさんのお知り合い2名に来ていただきました。

治療担当は高橋先生と舩阪先生です。(治療風景は患者様のプライバシーのため、写真撮影をしておりません。)

 

その後初伝・指導者で組み、実技稽古が行われました。

今回はお灸の稽古をしている方が多く、艾の良い匂いがしていましたね。(実技稽古の写真が無いのは単なる撮り忘れです💦。申し訳ございません。)

9、反省会

今回の反省と、これからについて皆さんから一言ずついただきました。

連絡係としては、会計の準備が不十分でした。申し訳ございません💦。

 

次回は、年明け4日と5日の2日間にかけて行われます。

新しい年に修行を始めてみたい方、参加をお待ちしております。

いやしの神様からお年玉的なサプライズがあるかも…。

 

(文責:松本、坂田)

| 八郷接心 | 17:35 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE