いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 11月杉山真伝流勉強会 | main | 11月 福岡の勉強会 >>
11月 東洋医学と養生の会

11/24(日)京都上賀茂にある心耳庵にて

東洋医学と養生の会が行われました。

紅葉シーズン真っ盛りで、赤と黄色に色づく

木々が目を楽しませてくれます。

 

 

経絡流注講義(玉水先生)

 

一般の人が来られる前に鍼灸師の希望者が集まり

経絡流注講義の勉強会です。

この日は「足の太陽膀胱経」をやりました。

この経では頭から背中、足先までさまざまな病証が

見られます。「膀胱経」といっても膀胱だけでなく

身体内のすべての臓腑と関連する「足の太陽経」と

広くとらえるようにとのお話でした。

 

 

東洋医学と養生について(村田先生)

 

今日は初めての方々がいらしたので自己紹介から。

「自分にあったセルフケアを見つけたい」

「東洋医学に興味がある」

初めて参加の方々の目的は様々。

生後3カ月の赤ちゃんと一緒に参加された方もいて

小さな存在に場が和みます。

 

皆で一緒に養生について学び体験する会の始まりです。

 

 

今年最後の講義は「養生とは何か」という

まとめのような養生の考え方のお話でした。

私たちは、人間関係や自然環境、社会の構造など

あらゆることに影響を受けながら暮らしています。

心身ともに健やかであるためには、養生というのは

身体的なアプローチだけでなく、心や言葉、

その背景にある私たちを取り巻く環境も含めて

様々な要因について考える必要があるのでは。

 

村田先生が考える「養生の見取り図」というのを元に

「養生とはなにか」掘り下げたお話をしていただきました。

 

自分でできるリンパのケア(田原先生)

 

養生の会では初登場のリンパのケアの時間。

体の緊張をほぐしてリンパを流しやすいように

まずはストレッチから。

呼吸を意識しながら首、肩、腕、体幹、股関節、足と順番に。

これだけで、かなり体がほぐれてポカポカしてきました。

 

 

次はリンパを流していきます。

リンパの働き、リンパ節がどこにあるか、

どういうイメージで触れていくかなど説明を受けながら

順番に体に触れていきます。

耳、首、鎖骨付近、腋の下、側腹部、腹部、鼠径部、

膝、足と、全身くまなく痛気持ち良いくらいの圧で

リンパを流していきます。

 

はあ〜気持ち良い。

このまま昼寝したい気分です。

すっかり気持よく体が軽くなったところで

自分でできるリンパのケアの時間はおしまいです。

 

鍼灸体験の時間

 

「ちょっと怖いなあ」

初めて鍼を体験される方々も。

鍼灸は全然怖くないですよ。

そういうキッカケにこの場がなればと思います。

 

 

振り返り

 

「リンパマッサージは西洋が起源のケアだが

体を動かし、自分の体に触れて味わう感覚は

東洋が起源のヨガや気功と変わらない感覚だった」

 

「体に触れるというケアの根源に東洋も西洋もない」

という感想がありました。

 

「わざわざ遠くから来た甲斐があった」

「自分の体のことに気付くキッカケになり身も心も軽くなった」

などなど、うれしい感想をいただき

明るい表情で皆さん帰られました。

 

 

来月の養生の会はお休みです。

次回は、年明け1/26(日)に開催予定です。

 

帰りに寄った植物園のライトアップもキレイでした。

 

 

(文責:竹ノ上)

 

| 東洋医学と養生の会 | 16:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE