いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 2019年  第11回合宿 | main | 10月 東京接心会 >>
10月 東京月例会

1.静坐

坐禅、姿勢を整え、呼吸を整え、心を整えます。

いやしの道 月例会20191020静坐.jpg
 

 

2.講話

 石井 道観 先生

いやしの道 月例会20191020講話1.jpg

いやしの道 月例会20191020講話2.jpg

 

万病一風的治療の中には邪や毒というものが出てくる。邪のわからない人は結構いるが、邪がわからいと万病一風論的な治療ができないかというとそうではない。最初は邪がわからない。わからないヒトは頭を使う。「学・術・道 三位一体」といやしの道協会ではいう。

「道」はそのひとの境涯を深めていくこと。各自で努力してもらう。

「学」と「術」も各自で努力してもらうが、「術」の部分で邪がわかるヒトとわからないヒトとでは少し差が出てくる。でも。それを補うのは「学」である。

四部録が富士山図の底辺の重要なところになるが、いやしの道協会ではほかにも学ばなければならないことがある。そういうものを一生懸命学んで、四部録をベースにして、

傷寒論にもでてくるように患者の状態をイメージする。邪毒が手で触ってよくわからなくても、脈診・腹診・問診をすれば患者の邪毒がどの辺あってどういう悪さをしているかいうのがイメージできるようになる。そのイメージを作れるようになってほしい。

 

万病一風論では全くの健康状態は「無」。そこから変異すると「風」が起きる。「風」とは「寒」、「熱」の状態で見ることができる。その「寒」と「熱」の下に「邪」と「毒」がある。ということは「寒」と「熱」を見ていけば理解できるはず。患者の身体を基本の型にのっとって診察していけば患者の寒と熱のあり様はわかる。

「虚」と「実」もさわれば硬いのか柔らかいのかわかる。硬いのか柔らかいのは、温かいのか冷たいのかそれを触って確認して、それを頭の中で四部録に照らし合わせて患者の状態をイメージしていけるようになる。イメージさえできればあとは、冷えているものは温まるように、熱いものは冷めるように、虚しているところは充実するように、実しているところはその実を弱めるように鍼をしていけばいい。

 

次に問題になるのは実際に鍼を刺すときに、邪がわからいとできないのかということ。

邪がわからなくても、最初は物理的な感覚でできる。鍼を刺していって硬いものに当たったらそれが柔らかくなるように、虚していてズブズブのところは雀琢、撚鍼を繰り返しながらそこが充実してくるようにやっていけば、物理的な刺激で手の内をきちんとしていけば患者の身体は変わっていく。

実際の患者の治療をしているときにいちいち患者に響きましたかと聞くのは難しいので、このような月例会の場で、実技を指導者に教えてもらう時に、患者役のヒトに自分の物理的な感覚がどのように響いているかというのは聞けば教えてくれる。実際に自分の手の内がどうなっているのか、正しいのか、正しくないのかを自分で磨きながらやっていけば手の内もだんだん入ってくる。それを繰り返しながら、診察するときや鍼をするときでも、単なる物理的な寒熱や強い弱いや硬い柔らかいを感じ取っているだけではなく、その時にそれ以外で何か感じるのかを、心を砕いて意識してやっていくとだんだんと邪というのを感じられるようになってくる。

ただ、足が速いひとと遅い人がいるように、邪に敏感な人もいれば、鈍感な人もいる。100mを15秒でしか走れない人が、9秒台で走れる人に追いつけるかというとそれはない。鈍感な人は敏感な人に比べればいつまでたっても鈍感。でも感じられるかということが大事なので、邪が少しでもそのヒト本人のとらえ方で感じられるようになれば臨床が変わってくると思うので、そこはあきらめずにやってほしい。

この中で、寒と熱、虚と実と分けたが、これは間違ってほしくないのは絶対的な寒や絶対的な熱ではなく、そのヒトの身体を触っていったとき、こことここを比べるとこっちの方が冷たい、こっちのほうが熱いという相対的なものなので、比べてみてどうかということで判断していってほしい。

 

最初は物理的な感覚を指標にやっていた。たぶん10年くらいは邪毒がわからなかったと思う。正直に言うと、触った時の邪に関してはいまでもほぼわからない。ただ、胸の邪とか心煩とかはわかる。お腹に関していうと、今でも少し心もとない。

ただ、そんな中で初めて、「あ、これがそうなのかな」ってわかり始めたのは手で触っている時じゃなくて鍼を刺している時。これもヒトによって違うと思うけど、本当は押手で感じるのがいい。押手で患者の気の状態がどうなっているのかっていうのを、変化がわかるのが一番いい。私は一生懸命やっていくうちに刺し手の方で感じた。先輩に確認してもらいながら、観風先生に確認してもらいながら、段々と常に感じられるようになった。今はこっち(押手)でも少しわかるようになってきた。でもそれは不思議と私の場合は、鍼をするとわかる。鍼をしないときはほぼわからない。

それでどうするかというと、さっきの患者のイメージ。この患者の毒がきっとこの辺にあるだろう、それによって邪がこの辺にも来ているだろう。それで患者の症状がきっと出ているのだろうという判断をして、鍼をする。実際に鍼をしてみて、邪を感じれば「ああ、あっているな」。そしてその邪が少なくなり、症状が緩和されればそれで間違いなかった。逆に言うと、刺して手ごたえがなければ、このイメージ自体が間違っていた。だからもう一回やり直さないといけない。それを繰り返しやっていけが精度は上がっていく。

 

私が観風先生のところに入って一番いいなと思えたのは、邪毒に関していっているところではなくて、西洋医学も東洋医学もどちらも万病一風論で説明できるというところに一番惹かれた。これだったら西洋医学のことも説明がつく。自分のなかで消化して一緒にやっていけると思った。

あとはやるしかない。よく言っていたのは、「背水の陣でやるしかない。この後はない。」という覚悟を持てるかどうか。その覚悟を持つというのはツラい。ツラいけれどもそれがあったから、ここまでこられた。そんな覚悟なんかなくて続けていって手の内を覚えていけるのが、ホントは一番ハッピーだと思う。けど、なかなかできない。

それぞれの人生、各々の人生の中で持つ覚悟というのはきっとあると思うので、その覚悟をどれだけ持てるかということだと思いう。

 

 

3.症例検討会

木村克彦 先生

「不整脈に対する鍼灸治療の試み」

いやしの道 月例会20191020症例検討1.jpg

いやしの道 月例会20191020症例検討2.jpg

 

【はじめに】今年五月の定期健康診断で経過観察が続いていた不整脈が、要検査になったことで鍼灸による治療を開始した患者の経過を報告し考察をする。元々あった腰痛や肩関節に対する治療を並行して行った。

 

【患者像】六十代。主訴は不整脈。若い頃から右脚ブロックがあり、健康診断で引っかかることがあったが経過観察で済んでいた。今年の検診では脈が飛ぶ回数が増えた為、要検査となった。日常生活に支障はない。肩関節の疲れと痛み、腰痛の随伴症状がある。

【切診】脈:右>左、太く強めやや数。一分間に数回、脈が飛ぶ。間隔は不規則。 

【望診】舌:舌先紅、微黄苔。

【腹診】胸部の熱が強い、季肋部・心下部・腹直筋硬い、下焦の虚。

【候背診】肩甲間部に熱感がある。

【診断】季肋部のつまりにより胸に気血が滞り、下焦の虚からの上衝と相まって胸部の熱が強まり心臓の誤作動になった。

【治療方針】胸背部の熱をとる。腹状の改善をさせる。

【治療】寸六三番使用。心包経引き鍼。下焦の虚を補う。腹直筋・両季肋部の硬さに雀啄と撚鍼。胸・肩甲間部の熱を瀉すため散鍼。心包経引き鍼。

※上記の治療を基本としてその後に、適宜肩関節痛、腰痛の治療を加えた。

【まとめ】患者の症状の変化は、脈の飛び方やリズムの変化、患者の自動血圧計測定時のエラーを指標に観察した。

〇腹診時に硬さでみていたことが、今回の治療の迷走に繋がった。虚実寒熱毒邪で観れていれば、初期の段階でシンプルに整理できたと思われる。上腹部と胸部の関連を季肋部の痞えによる胸部の気血の滞りと捉えていたが、胸部の熱が波及して季肋部・心下部に影響していると途中から捉え治し施術した。しかし、胸部の熱以外の腹状は一定のパターンがないように見えるため、胸部の熱とその他の腹症との関連性は不明である。第五診の腹状から推測すると二連休後に胸部以外の腹状では顕著なものがみられないことから、仕事中の姿勢も影響していると考えられる。

〇今後、胸部の熱量とその他の腹症との関連性や腹部の寒の存在、肩関節と腰痛との関連性を観察していきたい。

 

 

4.実技稽古

今月は新しく入会された方も多く参加されました。

(文責:野田)

| ◇東京月例会 | 22:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE