いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 7月 福岡の勉強会 | main | 7月 杉山真伝流勉強会 >>
7月 東洋医学と養生の会

7/28(日)京都上賀茂にある心耳庵にて東洋医学と養生の会が行われました。

湿度が高く蒸し暑い京都の夏本番の一日でした。

 

 

経絡流注講義(玉水先生)

 

一般の人が来られる前に希望者が集まりました。

この日は『足の太陰脾経』をやりました。

病気のメカニズムの話や膝痛の話が出ました。

 

 

貝原益軒 楽訓 (村田先生)

 

貝原益軒の楽訓の輪読と解説。

 

今回は「足るを知る」でした。

欲に惑わされる「楽しさ」を求めるのではなく

貧しくても心を豊かに「足ることを知る」ということが大切。

 

「自分の過去や他人と比べてしまう」

「頑張りすぎてしまう」

「体を壊してから考え方が変わった」

皆さんの個人的な経験から「楽しさ」についての気づきがあり。

参加者の方々の心の琴線に触れるような言葉が重なり。

それぞれの心の声を伺うことが出来た貴重な時間となりました。

 

でも「楽しむとは」と改めて突き詰めていくと難しいから

あまり深く考えんとこうかな、という意見にも私は賛成です。

 

 

気功と呼吸(玉水先生)

 

体を動かす時間です。

この日のテーマは「身体のセンターを意識する」です。

体を動かしながら自分の重心を確かめます。

呼吸をしながら、肩の力を抜いていきます。

下半身を安定させるのがポイントです。

 

 

 

立ったり座ったり自由な格好で呼吸をしながら自分の体と向き合いました。

 

治療の時間

 

初めて鍼を受けるという参加者の方もいらっしゃいました。

学生の方も指導を受けながら実践稽古をします。

 

 

ふりかえりの時間

 

一人ずつ今日をふりかえり感想を言います。

 

「体と向き合うことで自分の体をより愛おしく感じました」

という意見がありました。

 

 

お久しぶりな方も、初めての方もいつものメンバーも。

養生の会にはその時々で色んな方が来られますが

いつでも養生の会の空気は柔らかだなあと感じます。

 

「今日は良い話を聞かせていただいて良い夏の一日を過ごしました」

 

支部長の締めの言葉で暑い養生の会が終わりました。

 

 

次回養生の会は8月は和歌山に行く予定です。

その次は9/22(日)開催予定です。

 

(文責:竹ノ上)

 

| 東洋医学と養生の会 | 14:13 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE