いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 1月 東洋医学と養生の会 | main | 2月関西支部研修会 >>
1月 東京接心会

随分日が伸びました。

明るいうちに勝林寺さんにつきました。

床の間はお正月の蓬莱山飾りで、裏千家のお茶の先生が説明してくださいました。

ひとつひとつ縁起の良い意味があり、1年の幸せを願いをこめ丁寧に飾られているのに感動しました。

 

 

 

 

実技

それぞれの課題を指導者の先生方におしえて頂きました。

患者さんの治療も行いました。

 

講義

山野先生の「原初生命体としての人間」野口三千三著 岩波書店より、第4章「原初生命体の動き」です。

逆立ちをする時、出来ない人は手伝ってもらう。その時二人の関係は、どちらが主役であるということはなく共通の何かを求めるための違った役割を受け持つ仲間なのである。量的強い力で補助するのではなく、皮膚という全身の脳が、相手の皮膚という全身の脳に、直接温かく触れて協力することは、すべてのことに発展していく全人間的な重大問題であること。発生学的に脳は皮膚と同じ外胚葉から分化している。皮膚はすべての感覚受容器(視・聴・嗅・味・触)で、脳は受容・伝送・処理・反応の全ての働きと考えられる。触覚の中にはまだはかり知れない多くの何かが含まれひそんでいる。触覚の奥深い未知の能力には、敬虔・畏怖の念をもって向かい合うべきもの。それらをふまえ触れることが、鍼灸師としてどれほど重要なことであること。

私はこの触れることはいやしの道でいう調身・調息・調心でもって触れていくことと共通していると思われました。

 

座禅

 

 

最後に般若心経を皆で唱和し終わりました。

 

(文責 酒井)

| 東京接心 | 21:40 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE