いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 10月 福岡の勉強会 | main | 11月湘南研修会 >>
10月 東京月例会

少し前まですっきりしない天気が続いていましたが、本日は秋らしい晴天に恵まれました。先月は合宿だったため、二ヶ月ぶりに月例会が行われました。

 

1.静坐   坐禅、正座で呼吸、姿勢、心を整えます。



 


 

2.講話  三輪 圓観先生


 

 

 

患者さんとどのように関わるか。

 

それは、施術者の考え方によっても違いますし、患者さんの症状によっても異なります。これが正解不正解というものはありません。


今回、先生ご自身が経験している症例を元に、グループディスカッション形式で話し合いながら、各グループが発表する形で、講話が進んでいきました。




輪になってお互いの意見を出し合っていきます。

 

 

 

もし自分だったらどうするか。

 

 

 

サポートする時にどんな情報を知りたいか。

 

 

 

その情報を知った中でどう関わるか。

 

 

 

 

時には患者さんのご家族に重点を置くことも必要、必ずしも深く関わることが良いわけではない等、様々な観点から意見があり各自新たな気づきがあったと思います。

その中から何を選択するかは、施術者と患者さんの関係の中から選ばれるものですが、その中で、我々が現状で何ができるかを明確にすることも重要だと感じました。




 

3.症例検討会  森 勝先生







元気に外出できる様になった肩凝りの治療
               
【はじめに】
運動が嫌いで歩く事が苦手であった患者が、主訴の肩凝りが改善し元気に外出できる様になった症例。
【患者】五十三才 女性 身長 百六十五儖漫‐し痩せ型。
【個人歴】貿易会社に勤務していた。結婚(いつかは不明)後二児をもうけ、現在は主婦業の傍ら書道を教えている。紹介され来院した。
【初診日】平成三十年五月十五日
【主訴】特に最近悪化した訳では無いが、慢性的に特に右側の頚や肩が重く頚が動かし辛い。(頚の可動域は診察していない)
【現病歴】十代の頃から頚や肩が重く感じていた。頚が動かし辛い。
【随伴症状】喉に突っかかる感じが有り声がかすれて出し辛い。(診察の結果異状は無く病名は無い。発症時期不明)・側彎症(胸椎六番から九番までが右側に捻じれている)・胃下垂・下肢静脈瘤・足の冷え。
【既往歴】三月頃に食後や歩行時に動悸が出た。(心電図に少し乱れが有ったが病名は無かった、初診時動悸の訴えは無し。三月以前及び三月以降初診までの動悸の有無は問診せず)・中学三年に虫垂炎を手術。
【家族歴】父に不整脈が有った。
【診察所見】脈診/全体に柔かく細弱。右≻左。不整脈無し。舌診/大きさ色は普通・薄白苔と歯痕・静脈怒張無し。腹診/心下痞硬・小腹満・臍周辺冷たい・季肋部細絡有り・側腹部硬い・腹部の広範囲にガス。胸脇苦満無し。その他/頸椎前彎減少、細いスジが督脈の傍らに有る。胸椎一番から六番位までの傍側に細絡が有る。胸椎六番から九番位まで右側に捻じれ。問診/食欲普通・小便近い・大便普通・睡眠普通・閉経・足部冷たい・梅核気・精神症状無し。体質改善の為に(体質改善の内容・目的は問診せず)医師からサフラン、柴胡加竜骨牡蛎湯を処方してもらっている(現在の患者の状態に合っていないと考えた)。毎日水を二ℓ飲んでいる。(体に良いからとアドバイスされた為)。
【腹診図】

【診断】脈が細く弱い、舌に歯痕が有る、腹部の広範囲にガスが有る臍周辺の冷たさ等から、水毒により身体全体の気血の巡りが悪くなって肩こりが生じていると判断。陰症で虚証であると考えた。
【治療方針】初診は肩こりの局所を中心に項・肩のスジバリを弛める様に治療(局所に熱を持たせない様に少し早めに抜鍼。腹部には施術せず)。二診から四診までは咳の治療(腹部を補って温め表位の熱を取る)、五診以降は体質改善の治療(腹部を補い温め表位のスジバリを弛め体全体が温まる様にする)。寸六―三番ステンレス鍼使用。
【経過】
 第一診(平成三十年五月十五日)右手の肺経に引き、項・肩のスジバリを弛める様に刺鍼。大椎近辺の細絡に刺絡を加えた。左足部に津波鍼。
 第二診(五月二十二日)十六日は動悸(この時の動悸と以後起こる動悸は、三月に起こった動悸と関係が有ると考えた)がしてお腹が張り、おならがよく出た。二十日から咳が出て風邪と診断された。今日は少し喉がイガイガしているが肩こりは無い。五日間肩こりを感じ無かったがこんな事は十数年ぶりである。下腹部の張りが少し減った(気血の巡りが改善されおならが出た為と考えた)と本人が言う。私の触診では腹部の状態は初診時と余り変化無い。喉や項背は前回無かった熱が有る。脈は前回と同じだが右関上が一番強く少し浮。右心包経に引き、臍周辺は補い温め、心下は少し深く刺し補う。刺鍼後腹鳴。喉・項背は熱を瀉す。動悸予防の為左心包経に引き、左足部に津波鍼。
 第三診(五月二十八日)咳が少し出て喉がイガイガしている、風邪は改善している。肩こりが殆ど無く体調がとても良い。肌が白くなり眼が少し開く様になった。(気血の巡りが改善された為と考えた、眼の症状は訴えてい無かった)指圧に行かなくて済む様になった。体調が良くなり昨日三時間位歩いた。今朝少し動悸。治療は二診と同様。臍周辺に灸を加えた。心下は前回より柔らかい。                                 
第四診(六月五日)咳はほんの少し。肩こりがどんどん辛くなる事が無くなった、こんな事は今まで無かった。お菓子を控えてから体が軽い。海藻を食べ始め体が良くなる感じがする(体を冷やさない為食事指導)。運動が嫌いで歩く事が苦手だったが元気に歩ける様になった。前回の治療に頚椎の督脈の傍側に有る細いスジバリの刺鍼を加えた。
第五診(六月十一日)咳は治った。今まで外出する事が辛かった(外出が辛い事は初診時聞き取れ無かった)が外出できる様になり、階段を上り辛く感じていたが楽に上れる様になった。ライブを三時間半観てよく歩いたが平気だった。肩こりは今日少し感じるが大分楽である。
 第九診(七月十七日)昨日少し動悸が出た。実家に帰省し母の世話をしたが、以前の様に母と話をしていてもイライラし無くなった(普段の生活で病的にイライラする事は無い)。動いても疲れ難くなった。足の冷えは改善した。
 第十三診(八月十四日)動悸がした日が一日だけ有った。肩こりがどんどん辛くなり、下降線を辿ってゆく事が無い。喉の突っかかる感じが改善している。
 第十四診(八月二十一日)以前より汗をかく様になった(他人と比べて汗をかき難いと本人が言う)、小便が近いのは治った。
【考察】
 肩こりは改善したが、症状の有る局所と全身の関係、診断は陰症で虚症としたがその状態から何故肩こりが起こるのか等を余り考えなかったので今後は一歩前に進んだ考え方が出来る様にしたい。
目立った瞑眩は起き無かったが、以前よりも汗をかく様になったと言う事は汗の形で毒を排出する事が出来る様になったと推察した。
運動が嫌いで歩く事が苦手な患者が元気に外出し、長い時間・距離を歩く事が出来る様になった事は治療によって気血の巡りが改善された為と考えた。母と話してもイライラしなくなったと言う事だが、これも巡りが良くなり精神状態が改善されたと考えた。症例資料で読んだ事は有ったが自身の症例では余り無かったので良い経験となった。



 

4.実技タイム




各自、指導者の先生と課題を確認します。




今回もとても活気のあるものになりました。

 

 


来月は18日14:00から開催されます。

よろしくお願い致します。

 

(文責・尾崎)

| ◇東京月例会 | 07:09 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE