いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 第10回合宿 高木先生講義資料 | main | 9月杉山真伝流勉強会 >>
9月 東洋医学と養生の会

9月23日(日) 京都上賀茂心耳庵にて「東洋医学と養生の会」が開かれました。

 

貝原益軒「養生訓」      村田 底観先生

 群盲象をなでるではないですが、今日は鼻、今日は足と読み進めてきました。

 今日は、養生訓のまとめということで、「養生訓」のエッセンスを抜き出して、話をされました。

養生訓の要は何ですか?

^食を慎むこと。

怒りをこらえること。

飲食を慎むことと怒りをこらえることの具体策がそれに続きます。食事は少なめ、お酒はほろ酔いで留める。寝る直前の食事は控える。等々。

飲食が慎めそうもない時、怒りをこらえられそうもない時、どうすればよいですか。

歌をうたってみましょう。詩を音読してみましょう。踊ってみましょう。掃除をしてみましょう。と続きます。

他人に100パーセントのことを求めていないか考えてみましょう。自分の能力以上のことを抱え込んだり、やろうとしたりしていないか考えてみましょう。といったものもあります。

規則正しく生活してみましょう。全身を上から下まで隈なくなでてみましょう。足の指、足の裏をもんだりこすったりしてみましょう。櫛で髪をといてみましょう。体に関すること。

丹田呼吸をやってみましょう。人付き合いを減らしてみましょう。言葉を減らしてみましょう。

天地自然や他の人達に生かされていることに思いを馳せましょう。と締めがあります。

そうした節制が習慣化するとどうなりますか?

元気が養われて、無病長寿の日々がやってきます。そして目が開けて知りたいことを知り、できなかったことができるようになります。(これは益軒先生の実感ではないでしょうか)

そして・・・天地に仕えるという生き方ができるようになります。(大切なもののために、命をかけて働く勇気が湧いてくるそうです)

養生の他に、元気なうちにやっておくと良いことはありますか。 

緊急時の応急処置や薬のことなど、基本的な医学知識を心得として知っておきましょう。

よい医者を見つけておきましょう。(勉強熱心で、分け隔てなく、臨機応変の処置ができる。師匠について学び、いつも医学や患者のことを考え、他の医者の悪口をいわず、自慢話をしない。流行っているからといって、良い医者だとは限らない)

 象(養生訓)の姿が見えてきました。

 

ヨーガと気功          玉水 雲観先生

まず足のほぐしから。 

 いつもは上賀茂の裏山の林の中ですることが多いのですが、先の台風のダメージがここにも在りました。今日は室内です。

ていねいに一本一本足指をまわします。足の裏を緩めて行きます。足首をまわして行きます。

 足の指をまわしていると、普段、足を粗末に扱っていると感じます。

 足の指や足の裏、足の感覚が甦ってきます。

気功法(呼吸法)

(スワイショウ) 楽に立って、ぶらぶら腕を前後に振ってゆきます。こんどは左右に回します。

(背骨の揺らし) 背骨を前後に、左右に揺らし、回転させて、詰まった所を緩め、気を通します。

(大地の呼吸法) 丹田から足を通り、大地に息を吐いて、吸います。

そして、頭の上の手の指先まで息を吸って、

吐きながら、手を降ろして、丹田に気を収めます。

(気の体感) 手を向い合せて、手で呼吸をしてみます。 そのうちに、もやーとしたものが手の間に感じられてきます。

 呼吸の中に子供たちもいます。 こどもたちがいて養生の会らしいと思います。 

 

鍼灸治療

一般の参加された方の治療です。

担当した鍼灸師は最後までやりきって、それが良い治療になるのが基本ですが、

何か足りないと感じる時、行き詰まった時、村田先生、玉水先生にアドバイスをいただいたり、その先の治療をお願いすることもあります。

自分が見えていなかったこと、部分部分は見えていても、全体像が掴めていなかったり、ポイントがずれていたり、踏み込みが浅かったり、鍼の手技、灸の手技が未熟であったり。先生方のアドバイスと治療が指針となります。ありがとうございます。

 

 

振返りの会

今日は一般の方3名、学生2名、鍼灸師5名でした。

一般の方も、学生の人もいろんな背景をもって参加されています。

いろんな時がここに重なってゆきます。

 

通天閣の下に暮らす方の参加がありました。今夜の京都タワーです。

 

次回の養生の会は、10月21日(第3日曜日)栖賢寺です。

栖賢寺さんも台風の被害に遭われています。驚かずに心づもりをしてお越しください。

文責:小倉

| 東洋医学と養生の会 | 14:50 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE