いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 8月 初伝フォローアップ講座 | main | 8月杉山真伝流勉強会 >>
8月東京接心会




少し日差しは和らいだとはいえ、残暑もまたまた厳しい8月の終わり、
本日も、駒込、勝林寺さんにて東京接心会が行われました。
暑いせいか、今年は夏の花、百日紅が見事に咲いています。
にゃんこたちは涼しいところをよく知っています。





いつも手入れの行き届いた勝林寺さん門前.
玄関横の甕にはメダカがたくさん泳いでいました。



実技

一般のモデルさんも混じって、いつもにぎやかです。
初伝の方には指導者がつきます。




今日のひとこと 朽名先生が読んでくれました。有名なあれです(笑)




山野先生講義





先月、台風の影響で接心会が中止になったため、今月、山野鵬観先生による、
野口三千三先生の「原初生命体としての人間(野口体操の理論)」の講義が行われました。
山野先生が名言(●の部分)と思われた文章を引用、解説しつつ要所要所、朽名先生視点で
コメントが入り進行しました。

冒頭、山野先生から喘息のある五十肩の患者に難渋しているとのこと。
●胸郭式呼吸能力を高めることにとって胸郭を拡大・縮小させるための筋力の力を増す
ことは大切なことではあるが、それより以上に大切なことは、拡大・縮小についての
内部抵抗をできるだけ少なくすることである。そのためには、抵抗の原因となる胸郭の
拡大・縮小に関係する諸筋肉の不必要な持続的緊張の傾向をなくすための練習によって
、胸郭に豊かな弾性をもたせることが、先決問題であろう。
山野先生が難渋する理由は上記にあり、喘息のため呼吸補助筋が持続的に緊張状態である
が、肩甲骨を動かす前鋸筋、斜角筋、小胸筋もまた呼吸補助筋であるため、治りにくい。
(また、治療のポイントにもなる。)

調身、調息、調心というが、まずは体が整って、心が整う。順番を間違えてはいけない。(朽名先生)

野口先生は吐くことに重きを置き、息を吐いたら吸えるのだが、じつは人間は吸息中枢が優位。とくに体が弱っている人は吸気が大事であるそう。
吸うが大事か、吐くが大事か、諸説ある。円環しているのでどっちとも言えないが、
朽名先生によるとブッタは「入出息念定(にっしつそくねんじょう)」(入る息、出る息に心を集中していく禅定、簡単に言えば調息)が悟りへの道であると思ったのだそう。また
「大安般守意経」には「吸う」ことに重きをおいた記述がある。

●「衆人は喉で、哲人は背骨で、真人は踵で呼吸する」
気が下りていると、足底から息が入ってくる感覚があるそうで名人と言われる人からは
よく聞かれる。
●「息が長いー長息―長生。息―意気―粋。息するものー息ものー生きもの。息の内―いのち。」体の状態に応じた息の仕方しかできない。呼吸の状態が変わることは身体の状態も変わること。上手に鍼をすると、患者さんが腹式呼吸になっている。
山野先生は鍼灸師としては、ここに「胃気」を入れたいそう。
●「呼吸は意識の世界から無意識の世界への唯一の回路(手がかり)であるゆえんである。」
どんな行法においても呼吸というものが出てくる。
●「吸息は集合であり準備であり、貯蓄である。それが終わって息が保たれている間(保息)は結合し、集中統一され方向づけられる。呼息は解放し、行動し、完成する。」
実は息を保っている時が大切だそう。観風先生は鍼をされている時は息を吐く。でも丹田を充実させている時は保息の状態でないと出来ない。
朽名先生によると、この保息と呼気の間(「息」の4構造の図参照)がとても力が充実した
状態。息を吐いたり吸ったりしながら、パンチを繰り出して参加者全員で、力の入り具合を
確認。そして吐くから吸う間を間息といいエネルギーがなくなり死んでる状態。隙ができる。
剣道などではだいたい竹刀を入れられてしまう。上級者ほど息つぎを見せないのだそう。
表現するときは息を吐いている時で吐ききった時は力がない状態。いやしの道のアタック
する鍼をするときは、やはり吐きながらが良いとのこと。



「いやしの道」では肚を作れというが、どんな腹がよいのか?ひさご腹がよいのか?シックスパックのような腹が良いのか?座禅をするにはどういう呼吸がよいのか?(実は決まっていない)白黒つけられる話ではないのだが理解を深めるヒントになる。

山野先生の臨床経験によると、高齢者には胸式呼吸を勧めるとのことです。
腹式が良いのか?胸式がよいのか?必ずしもどちらがよいとは言えない。妊産婦は腹が詰まっているので胸式しかできないし、体は呼吸を色々使い分けられるように出来ている。
たとえば、怠い、眠いような時に気分をはっきりさせ、気分を引き締めようとする際は
胸式呼吸の方が効果的。

余談で山野先生の「臨床あるある」で、ヨガやピラティス、○○体操などの習い事や健康法が治療効果を相殺しているケースがままある。ほんとは腹式呼吸の方がよいのに、
ピラティス(胸式呼吸)をしていたり、治療で教えた体操を習ったことでアレンジして違う事をしていたり、ヨガや○○体操で逆に体を壊していたり。

●横隔膜の抵抗緊張力が弱いときは、それを補償するために喉頭部(頸)の筋肉を緊張させることによって喉にふたをし喉に栓を詰め、息の出るのを無理矢理に止めて体腔内圧を高めようとする働きが起きてしまう。・・・以前、山野先生が講義されたマッスルインバランス、交差症候群の状態をよく表現しているのだそう。上衝している時の姿勢である。

最後に呼吸法の練習のため?の運動を皆で実践。その場ゆすり(踵を軽く上下しながら、波が寄せるように体をゆする)。朽名先生が上手すぎて怖いくらいでした(笑)。




ここには書けないような(裏話も含め)、貴重な話がきけました。(知りたい人は接心会に
来てください。)
野口三千三先生の本を題材に、「いやしの道」で大切にされている「調身、調息、調心」について、
朽名・山野両先生の膨大な知識からコメントが入り、大変深く学べる講義でした。

来月は実技のあと、二時間続けて座禅を行うとのことです。


座禅




いつもご住職が丁寧にご指導くださります。感謝。。

(文責・伊藤)

 

 

 

 

| 東京接心 | 04:17 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE