いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 8月 東京月例会 | main | 8月東京接心会 >>
8月 初伝フォローアップ講座

「初伝フォローアップ講座」第5回目が8月19日(日)に開催されました。

(毎月第三日曜日10時〜12時)

万病一風的治療に活かす西洋医学をテーマに開講。

 

1「静坐」

まずは、静かに5分ほど静坐します。

 

2「傷寒論真髄の素読」

万病一風的治療を学ぶ上で不可欠な基礎となる傷寒論真髄の素読。

本日は、14章 桂枝加葛根湯方を素読しました。どんな時に使われるものなのか、より身体のイメージが膨らみます。

 

3「万病一風的治療に生かす西洋医学」

堀雅観先生による、万病一風的治療に生かす西洋医学。今回のテーマは「膝関節痛・下腿の痛み・足関節痛・足部の痛み」の講義、実技です。

 

膝の痛みを、変形性、オーバーユース、外傷、その他、の4つに分類し、それぞれ膝のどの部分に障害が出るか、実際に膝を触りながら、説明して頂きました。

前回の肩関節痛は、愁訴部位と病態があまり直結しない傾向があるとのことでしたが、今回の膝関節痛は、その逆で、愁訴部位と圧痛をピンポイントで適確に把握することが重要です。

 

各検査法として、まず立位でのアライメントの観察(臥位で診るのとは荷重の有無が違う)、しゃがみ込み動作、つま先立ち、愁訴部位が膝内側で痺れるようであれば、腰後屈・後斜屈・ケンプテストも行います。続いて、座位、仰臥位にて、各種検査法をみせて頂きながら、自分の膝、周囲の方の膝でもチェックしていきます。

膝とひと言で言っても、膝の大きさ、可動域等々、色々な膝があり、他の部位よりも個性が出ます。

「この膝は、誰?クイズ」をやってもいいかも。という余談も・・・()でる位、皆それぞれ違っていて面白かったです。

ひとつひとつ丁寧に触るポイントを教わりながら、検査法をみていきますが、膝の検査法もかなり沢山あります!一度教わっても、果たしてこれで合っているのかどうか?後でわからなくなることも・・・そこで、動画を撮ったら、検査法忘れた時にも再確認できるという声もあり、皆携帯の動画モードで撮影し始めました。名案です!でも、カメラ越しではなく、実際の動きをしっかり確認して、目に焼き付けることも重要です!

下腿の痛み、足関節痛、足部の痛みを、重要なポイントに絞って教わり、今期の堀雅観先生の講座は、ひとまず終了。今期の「万病一風的治療に生かす西洋医学」では、今まで自分の引き出しにはなかった目の付け所や各種検査法を沢山教わり、皆さん、臨床の場で役立つことが増えたことと思います!ありがとうございました。

 て、次回の「初伝フォローアップ講座」は、10月21日(日)10時〜七倉会館です。

講師は三輪圓観先生で、テーマは「西洋医学的な内臓疾患」です。

文責:堀麻里

| 初伝フォローアップ講座 | 15:25 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE