いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 8月湘南研修会 | main | 8月 東京月例会 >>
8月 関西支部研修会
8月12日日曜日、高槻市の芥川東部会館にて、関西支部研修会が行われました。


○自由稽古



○四部録基礎講座「経絡流中講義」石部先生



ポイントや皆の疑問、一人で読んでいたら気がつかない部分もにも焦点当て、考えられる場。
素直な疑問も言えて、自由に話し合えるのもありがたいです。
どんどん良い質問ができるように、自分だけでも読み込んでおかないと…です。

○講話 石部先生



邪道といわれる治療法に手を出した理由、、、
という少しドキッとするテーマでお話が始まりました。
石部先生がお勤めの仕事を辞められてから開業するまでの間、何もしていない時に観風先生からお呼びがかかり、観風堂で助手された時のこと。
見たことないような難病の方や、普通なら鍼灸では対応困難な病の患者さんに対しても、観風先生がされる治療の凄さに改めて驚愕し、先生を真似するのは難しすぎて無理!今世で成し遂げることは至難の業!そんなの出来ない、難しい…と石部先生は思われました。
そして、その後ご自身の行う治療に置鍼を試したり整体法を学んで取り入れたり、あらゆる自分のできる治療を考え、患者さんの為になる治療を模索され続けたそうです。

患者さんが、石部先生に求めるものは何なのだろうか…。 開業したての頃で時間に余裕もあり、一人の方にいろいろな治療法を試したり、じっくりゆっくり診られていた時、多くの患者さんが身体の不具合以外に、心にも闇を抱えていらっしゃる事に気付かれたそうです。

日々、患者さんの心の解き方や、その方々に応じた対応の仕方など、鍼灸の道具の使用有無によらず、いろんな珍しい方法を試され、石部先生の治療院では、患者さんのお気持ちに添う事を大切に考えられた治療をされているそうです。

また、タッピング手法を使った、患者さんと気を合わせるワークも行われました。
患者役はもちろん、施術役をしている時、何か大きなものに包まれているかの様な心地よい安堵感を感じました。

相手の身体を想い、安心に導くワークを終えて…
石部先生は、ご自身の治療スタイルを邪道と表現されましたが、それは観風先生が仰る「見えない一鍼」でもあり、まさに「いやしの道の鍼」なのではないのかな?と感じました。







○昼食





皆で囲む玄米粥、出来立てを頂けるのは最高の贅沢。
今日は小豆玄米粥に雑穀も入って香ばしい。
いつもご馳走さまです♪


○稽古・基本の型




○鍼道発秘講義 井上先生



「鍼灸における瞑眩について」
三章 こころの瞑眩

止まらない程の涙が出るのはどうしてか。
泣くとは、どのような感情か。
泣くとすっきりするが、何故なのか。

子供時代に大人から、そんな事で泣くなとか、男の子だから泣くなとか、ある程度誰もが言われた事があるだろう。

我慢や悲しみや憂いの気持ちを溜め込んでしまい、胸の内に滞りが生じてしまったものが、腹痛や動悸など身体の不具合になったり、溜め込んだ涙が身体に溜まり、下痢や嘔吐として体外に放出したり…。
心身はやはり一如である。

本文の、「理性など及びもなく、いのちそのままが泣いている…」観風先生の体験談を読み、各人思い出す自己体験を話し合いました。





○今日の漢方 「清暑益気湯」


清暑益気湯=夏まけ:虚弱な人かわ夏にやせ衰えて体がだるくなったり、下痢したり、四肢が煩熱する。
いい香り…さて一口…苦いっ!
そんな感じでした。



○丹田呼吸とからだづくり


○稽古・治療と課題の発見
実践の治療と思って、稽古します。

○振り返りの会

今日一日に学び、気づいたことを一言づつ。




来月の研修会は、9月9日日曜日を予定しております。
(いやしの道協会全体の合宿がある為お休みの予定でしたが、ご要望に応え開催されることになりました。)

(会場がいつもと異なります↓)
京都市南青少年活動センター. 〒601-8441 京都市南区西九条南田町72 URL: http://www.ys-kyoto.org/minami/ TEL: 075-671-0356 市バス「九条大宮」より徒歩5分 近鉄京都線「東寺」より徒歩10分 駐車場有り(空いていれば利用可、利用者は受付で記入して下さい)  
(文責 : 田原)
| ◇関西支部 | 19:57 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE