いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 2018年 第10回合宿研修会のお知らせ | main | 6月 福岡の勉強会 >>
6月 東京月例会

1.静坐
坐禅、正座で呼吸、姿勢、心を整えます。

 

2.講話  池内 毘観先生
「鍉鍼による私の気の感得方法」

 

 

池内先生は、以前は現代医学的な鍼灸を実践されていたそうですが、目に見える臓器や組織を対象にした鍼灸では色々な検査ができ、手術もできるお医者さんにはかなわないのではないか…と思うところがあり、目に見えない「気」を感得し、扱えるようになりたいという思いを強く持つようになって、いやしの道協会にいらっしゃったそうです。

皆さんも実技の時間などで、「邪気がわかるようになりたい」とか「響きがわかるようになりたい」とか「気」に関するところに興味が集まっているように思うと池内先生はおっしゃいます。
そして、いやしの道協会では、「気」を感得できるようになるよう、実技のチェックシートにも色々な項目があります。
・気がいたることを感得できるか
・鍼先から気が体の隅々まで広がるか
・鍼先から気が外へ広がるか
・鍼先から気が無限に広がるか
など

 

観風先生の著書『万病一風論の提唱』には「気」についてどう書いてあるかと言うと、「気」とは「目に見えない働き」とあります。
真気:臓器、血管、神経、組織などの諸器官を正常に機能させるはたらき
邪気:臓器、血管、神経、組織などの諸器官を異常に機能させるはたらき

そして、池内先生は、いやしの道の機関誌(17号)にも書いておられる通り、東日本大震災の後にボランティアで一日に二十人ほどの治療を「鍉鍼のみ」で治療した経験が、気の存在を確固たるものとして肚落ちさせるきっかけとなったそうです。

体内に刺入することなく、ツボをギュウギュウ押すわけでもない、侵害刺激ではない「鍉鍼」での治療で効果が出ていることについて自分自身で確認するために、一人二役(治療者と患者)を演じ、鍉鍼でセルフケアをしてみることにしてみたのだそうです。

そのためにまず、鍉鍼の出来上がりイメージをスケッチした図を持って、御徒町の金物屋さんに赴き、金の鍉鍼、銀の鍉鍼を格安で準備されたとか。

 

 

セルフケアの具体例
下腹部の関元あたりのペコペコに虚したところに金の鍉鍼を当てておく
(治療者として)冷え→温まってくる
(患者として)頭の熱が取れ涼しくなってくる、翌日の疲れが全然違う

 

鍉鍼でのセルフケアの実演

 

画家のピカソを例にされ、毫鍼を扱えてこその鍉鍼だ。というお話が印象深かったです。
又、逆に、普段毫鍼を扱う際も、物理刺激としてでなく、気を扱っているという意識を強く持つ必要があるのだなと思いました。

 

 

3・症例検討会 木村 克彦先生
「高齢不妊治療」

 

【はじめに】平成29年2月より肩こり腰痛で治療していた患者さんの不妊治療症例です。未だ妊娠にはいたっていません。
初めての不妊治療であることや患者さんが高齢で時間がかかるとさらに妊娠が難しくなることから、今後の治療に関して皆様のご意見、ご助言を頂きたく発表いたします。

 

【患者】44歳 身長161cm 体重 49kg 色白細身 事務職
【初診】平成29年11月12日
【主訴】不妊
【現病歴】
平成26年5月 結婚。
平成27年5月 婦人科通院始める(排卵誘発剤使用)。タイミング法は行わず、人工授精を二か月行う。その後体外受精を六回行う。採卵するが空胞が多く、移植にはいたらず。移植一回のみ。
平成28年12月 漢方専門医院受診。その後、月一回定期的に通院。臍下硬さが顕著とのことで当帰四逆湯・折衝湯・八味地黄湯服薬を始める。
平成29年2月 婦人科変更(排卵誘発剤使用)。体外受精を六回行う。卵胞は採取できるが分割が悪く移植までいたらないことが多かった。移植は二回。
平成30年1月 婦人科変更。血液検査の結果、甲状腺機能が数値は正常範囲内だが、高めのため服薬をはじめる。
平成30年4月 当帰芍薬散に変方。舌下動脈怒張は減り、生理痛は楽になっている。*漢方薬服用前と比較して

【既往歴】子宮筋腫
【随伴症状】肩こり、腰重
【その他】月経周期 不順、長めのことが多い。

【診察所見】脈:沈弱 右〉左 
舌:薄白苔 歯痕ややあり 舌先紅  
腹診:胸 熱あり 左季肋部・季肋下硬い 左右下焦奥冷え 下焦虚冷え 腰殿仙骨 硬い(右〉左) 
足先冷
小便 一日に五、六回(黄色) 
大便 一日に一、二回(軟便)

【診断】下焦の寒による女子胞の機能低下。

【治療方針】よい卵子が採取できるようように卵巣機能を高めることや着床しやすいように子宮機能を高めることを目的に下焦の冷えを取り気血のめぐりをよくする。
【治療】下腹部 三、四か所補法。冷えなどの反応が強い部位に深めに刺鍼時間を長めにする。
左下焦の気血のめぐりを促進するために、左季肋部と季肋下を緩める。バネ式提鍼使用。 
下焦への気血のめぐりを促進目的に両仙骨腰部を緩める。 三陰交・補。 合谷・寫。

【治療経過】寸六一番使用 バネ式提針使用
初診 11月12日 
第二診 11月23日 下焦中央硬さあり。 *右下焦邪あり。 左下焦冷えなし。 仕事ストレス増える。 11月18日採卵。
第三診 12月16日 *下焦右圧痛あり。 *左腹直筋硬さあり。 左腹直筋刺鍼部位追加。前日採卵。
第四五六診 左下焦冷えなし。
第七診 1月26日 *右下焦圧痛あり。 *左下焦冷えなし。 1月17日採卵。
第八診 2月3日  月経五日目。 下焦中央と左の冷え。 下焦右圧痛あり。 *病院を変える。
第九診 2月10日 排卵直前。 *下焦中央及び右奥硬と圧痛。
第一〇診 2月17日 排卵なし。 下焦中央冷えあり。 *下焦左右圧痛あり。 右奥硬さあり。*右腹奥スジを緩めるような手技追加(スジにあてるか反応のある深さで微雀琢)。 
第一一診 3月10日 排卵なし。 *下焦中央虚あり。*下焦左右に邪あり。 *年度末の為、仕事によるストレスが増える。帰宅時間が遅くなる。
第一二診 3月17日 月経二日目 下焦中央冷えがいつもより少ない。*月経周期を意識(『機関誌第十五号』五四一ページ越籐先生症例参考に*古血排出意識(杉山真伝流「推指菅術」使用)
第一三診 4月8日 下焦中央右冷え *下焦右奥圧痛あり。 3月31日排卵後4月2日子宮内膜の厚さが足りなかった為移植はせず。

【考察】今回は長年の生活様式(ストレスの多い仕事・長時間の椅子での座位など)や体質によって下焦が虚して、卵巣や子宮の機能低下しているものと推測される。虚しているために、寒や邪、ストレスの影響をうけやすいという悪循環に陥っていると考えた。また、右側は周りが全体的(腰殿部・大腰筋)に硬いことや左側は季肋部・腹直筋が硬いことも気血がめぐらない原因となる。採卵後全身の筋緊張が高まることから女子胞にも影響を与えていると思われる。
今回女子胞の毒は漢方薬により排出されていると考え、今までは考慮していなかった。しかし、子宮筋腫がありいつも冷えている部位と関連しているようである。
治療は始めは下腹部を中心に施術。効果が感じられなかったため、他部位(左季肋部・季肋下や腹直筋や腰仙骨部)や月経周期を意識して行った。はじめより下腹部の温まりを実感できるようになった。しかし、工夫が足りず妊娠に至っていない。その原因とし下焦の虚、血毒や月経不順への考慮が足りなかったものと考える。さらに、局所的な冷えにとらわれ全体がみえていなかった。また、部品としての臓器にとらわれ気の流れを意識できていなかった。
全身的に上焦や四肢を使い、下焦の状態を改善すること、下焦の虚や月経不順の原因になりうる要素に対する生活指導や自宅施灸などを行う必要がある。
 

4・実技稽古
今月は中伝同士、初伝同士での稽古です。

 

 

 

5・連絡事項


・合宿の告知がありました。
(http://blog.iyashinomichikyokai.com/)
是非、是非、ご参加ください!

 

(文責:中川)

| ◇東京月例会 | 13:02 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE