いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 4月 東京接心会 | main | 4月杉山真伝流勉強会 >>
4月 東洋医学と養生の会

4月22日(日)、京都の心耳庵にて「東洋医学と養生の会」が開催されました。

 

鍼灸師8名。

一般4名。

他、鍼灸師の子供と一般の方の子供を合わせて2名。

 

第一部)『養生訓』より、呼吸法について

 

濁った気を口から吐き出して胸の中をからっぽにし、

天地自然の清らかな気を鼻から吸って丹田に納める。

 

少しアレンジを加えながら、皆で実際にやってみました。

 

これをさらに進めると、

丹田に納めた気を再び両手に行き渡らせて、それで鍼をする、ということになるでしょう。

(「凝然として丹田を端守して・・・精神魂魄意も相い与に混じり、融化して一気と為り、而して丹田に聚まり、凝りて至宝と成る。其の凝りを解き、其の気を左右の手指に遺さ令む、此れを真伝と謂う」『杉山真伝流 中巻』「鍼刺心要」)

 

 

第二部) 気功

近所の大田神社の裏山に登って、気功をしました。

大地との気の交流。

木との気の交流。

子供たちは周りを遊びまわっています。

 

 

第三部) 鍼灸治療

診たことのない主訴の患者でも、診たことのない持病を抱えた患者でも、

本質的にはやることは一緒なのだと、ある程度腹がくくれるところまで、

臨床経験を積んだり、師の治療を体験したり、先輩の治療を見学したり、自分や家族の病と取り組んだり、

技の稽古をしたり、勉強をしたり、治験を読んだり、

気長に続けていくことが大事なのだと思います。

 

 

次回は5月27日(第四日曜日)、心耳庵にて開催予定です。

(文責: 村田)

 

 

| 東洋医学と養生の会 | 09:47 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE