いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 3月 東京接心会 | main | 3月 東洋医学と養生の会 >>
4月 関西支部

48日(日)大阪府高槻市芥川東部会館にて

関西支部研修会が行われました。

 

1000〜 自由稽古・経絡流注講義

各自で自主稽古の時間。

 

別のお部屋では基礎講座として石部先生の『経絡流注講義』も行われています。

 

 

1100〜 腹診

今回はペアで腹診をしながら鍼をしてお腹の状態が変わるかもみました。

 

 

 

1210〜 『傷寒論真髄』165章〜175章まで(村田先生)

今回は「大柴胡湯証」「半夏瀉心湯証」「瓜蔕散証」「白虎加人参湯証」

「黄芩湯証」「黄芩加半夏生姜湯証」「黄連湯証」「桂枝附子湯証」

「桂枝附子去桂枝加白朮湯証」「甘草附子湯証」でした。

模式図を見ながら、どういう状態なのかということを解説していただきました。

胸の結ぼれ、みぞおちの痞えの証にも色々なバリエーションがあります。

それぞれの違い、見分け方、どのような症状の時に使われるか、

鍼灸で治療をする場合のポイントなどのお話がありました。

 

 

 

1310〜 昼食

今日のメインは「玄米小豆粥」

 

なかなか難しい水の量と火加減。

今回は多すぎた少なすぎたと言いながら。

でも毎回美味しく仕上がります。持ち寄りの1品とともに。

 

 

1400〜 基本の型・チェックシート

基本の型を指導者の先生にチェックしていただき

それぞれの課題と向き合います。

 

 

ぶれない軸の訓練など。

 

 

1500〜 『杉山真伝流臨床指南』(玉水先生)

『杉山真伝流臨床指南』の「心成」と「渾化」の章を読みました。

それに合わせて「虚実」と「補瀉」について、それぞれの概念や

先生方がどのようにとらえているかということを学びました。

ただ、理屈だけで決めないこと、実際に鍼をしてみてどうなのか

という感覚を大事にすること、というお話もありました。

 

 

 

1610〜 丹田呼吸と身体づくり

今回は初めて座る人もいますが、自由に座ります。

静かに整える時間。

 

 

 

1640〜 治療と課題の発見

主訴を聞きながら実践稽古。

ペアになった人の感受性に合わせた気持ちのよい鍼が打てるように。

貴重な意見を伺える場です。

 

 

 

1740〜 振り返りの会

今回は初参加の方もお久しぶりの再会の方もいらっしゃり

新鮮で嬉しい会となりました。

また次回もお会い出来ますように。

 

 

今日はどんな味かな、と毎回楽しみな漢方薬の試飲。

 

今回は「木防巳去石膏加茯苓芒硝」でした。

心下に水毒がかたまっている時の漢方薬です。

個人的には塩気のあるモヤっとした味がしました。

半夏の味見もありました。

こちらは、しばらく経った後に喉がピリピリイガイガして

面白かったです。

 

 

関西支部研修会予定

5/13(第2日曜日)に予定しています

 

文責:竹ノ上

| ◇関西支部 | 16:04 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE