いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 3月関西支部研修会 | main | 新講座『初伝フォローアップ講座』のご案内 >>
3月東京月例会

3月18日 根津七倉会館にて東京月例会が行われました。

 

静坐

静かに集中して坐ります。

 

 

講話    村田 底観 先生

 

本日は関西支部より支部長の村田底観先生に御越し頂き、厳冬期

の坐禅体験についてお話頂きました。

 

 

村田先生は筑波山麓にある、八郷研修所において約十年程、横田

観風先生の指導を受けておられます。

筆者も四年程村田先生と一緒に指導を受けさせて頂いております。

(先生にお茶をたてて頂く、八郷接心にて。)

 

大浦先生、朽名先生、昔の先輩達の頃は接心と言う一週間程坐禅に

打ち込む修行を御寺等でされていましたが、村田先生にはそういう

経験が無い。その事に負い目と言うか引け目と言うか、そんな事を

感じていたそうです。

そこである老師を頼って、滋賀県の山奥まで一週間の坐禅修行に赴

かれたそうです。

 

接心に向かわれる前に、奥様・お子様を奥様の御実家へ送られ、歓迎

され沢山御馳走を食べお酒も沢山飲まされ、尚且つ風邪を引きそんな

状態で参加されたそうです。

 

接心では室温が薪を焚いても5℃位にしかならない所で、長い時間坐り

続け咳が止まらなくなってしまったそうです。

 

そんな中、老師か言われたある言葉に感動し、涙が止まらなかったそう

です。

 

村田先生は長い坐禅を通して、御自分を見つめ直された訳ですが、これは

長く坐禅をする事が出来ない方でも日常生活において出来る事です。

自分を見つめ直して反省し、成長して行く事が良い治療者としての道では

ないでしょうか。

 

 

症例報告  市川 友里 先生

 

(はじめに)、この症例は今までのように完治しましたという症例では

ありません。現在も入退院を繰り返している状態です。

【初診】平成二九年一〇月二三日。

【患者】男性・七七歳・身長一七〇僉β僚展渕鍬圈元来食が細く

胃腸が弱く、痩せてねこ背。

【主訴】腹痛。

【現病歴】平成二九年一〇月二三日現在。

二九年六月七日排便時に力み、その後「下腹部が絞るように痛み」病院へ

行く。六月九日「貧血」の為、血液内科受診。更に六月一三日、別の病院

の血管外科へ回された。六月一六日入院し、胃、大腸、肺、心臓の検査を

した結果、病名の付くものは無かった。退院直前に病院のシャワーを使用

した時、急に腹痛を起こした。その時お腹の中でバリンと何かが落ちたよ

うな感じがし、以降一ヶ月位痛みは無し。その後起こった二回目の腹痛は

、一週間位で止まった。三回目は一〇月一〇日夕方から痛くなり、今も続

いている。その間、七月から月一度七日間入院をして抗癌剤を三クールし

た。明日から四クール目になるが、血球が少ない状態。本人から病名を言

おうとしないので、病院の検査結果の持参を依頼した。

【既往歴】

‐学低学年の時、右足小児麻痺の手術。∋綾渋紊念瀋掾腓砲覆蝓一ヶ

月入院をして食事療法で治癒。J神二〇年、大腸癌を内視鏡で取る。

腰痛を繰り返し、平成二五年に来院、その時は四回の治療で完治。ナ神

二八年四月一一日、左右の肩痛で来院、三回の治療で終了。

【初診時の総合所見】

・脈診・・・左右とも沈脈で尺脈弱。脈力が乱れており、右は少し沈めて寸

関を取れ、左は深く沈めて寸・関が取れた。

・舌診・・・舌体紅。中央全体に分厚い白苔、特に左右に片寄って厚い。

・腹診・・・顔、胸中熱感が強く心煩。季肋部脹満で呼吸浅い。心下痞鞕。

臓下垂し、痩せ細った腹筋が筋張ってなめし革様。下腹は虚寒。左下腹部

に便塊があり、下半身は冷え膝下は極端に冷たい。

・背診・・・右側が頸・肩・背中・腰まで凝り突っ張り、左右とも腰全体が黒

く硬い。

・患者の体質は少食で食べむらがあり、瘦せ型で虚弱。便秘と下痢、頻尿がある。

【診断】

上熱下寒。衰えた筋肉に十分な血液がいきわたらない病気になっていること

を伺がわせられ、少陰病状態と判断した。

【治療方針】

 頭部から胸部の熱を散らし、腹部の強い虚寒を和らげて痛みを取り除き、気

の上逆を治める。さらに、腹部及び背部の拘攣をゆるめ、下肢を温め、胃腸の

機能を賦活する。

【考察】

「骨髄異形成症候群」とは、骨髄の造血幹細胞が異常を生じ、十分な血球を作れ

なく、血液中の血球が減少してしまう病である。抗がん剤を使用して異形成の芽

球を除くため、七月から一二月まで月一回一週間入院して治療。持参された昨年

六月一六日から今年二月一九日まで八回の血液検査データーをグラフ化してみた。

鍼灸治療は一〇月二三日から一月一五日まで。経過として、白血球は減少から回

復に転じ、赤血球は回復中、血小板も回復中。特に一二月末に抗がん剤治療を止

めて全数値が上昇に転じた。継続的に鍼灸治療を続けたら白血球の増加が見込ま

れたかもしれない。下痢が止まらない為再入院した。メールにて様子をまめに連

絡してきている今回の患者さんも過去消化器が弱く、少食かつ偏食であった。

五年前に腰痛で来院した時、すでに硬いお腹で治療をしたが、あのまま鍼で賦活

させていたらこの病気には至らなかったかとも思う。今回、患者は焦りから家族

への相談もなく自己判断で無暗な治療を重ねてしまったため、私も振り回されて

しまった。衰弱して冷えが強く栄養状態も悪い患者なので、退院後は脾胃を中心

に身体全体を少しずつ丈夫にできるよう治療していきたい。

 

実技

自分の課題をクリアーする為に、指導者に点検して頂きますが普段の工夫が問わ

れます。学生の方々は国家試験が終わり疲れが溜まっていたにも関わらず、一所

懸命取り組んでおられました。

 

文責  森  勝

 

 

 

| 例会 | 12:46 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE