いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 2月 関西支部研修会 | main | 2月 福岡の勉強会 >>
2月東京月例会
2月18日 日曜日、月例会が行われました。






会場:千代田線根津駅近く、七倉神社境内の七倉会館です。

○静坐

いやしの道の月例会、静寂な空気漂う中、20分間の静坐から始まります。



○講話
「盗む・変化・統合」原田修観先生




昨年の合宿は、横田観風先生が参加して下さいました。
関西支部の石部先生を治療する技を皆で見せて下さった時のこと、、、
観風先生の治療を拝見できる滅多に無いチャンス!とばかりに、皆で前のめりに目を見開きました。
もちろん皆さん、その時の記憶ははっきり残っています。

ですが原田先生は…
果たしてどれだけの人が、合宿での観風先生の治療の進め方や鍼の技術、一挙手一投足、一つのこらず全て鮮明に記憶しているだろうか?と…投げかけられました。

「真剣に見ているつもり、だけでは技を盗む事は出来ない。
教えてくれる技、盗ませてくれる技、盗んだ技、それぞれ違う…」




若かりし頃の観風先生のご指導についてのお話が飛び出したり、原田先生から質問を投げかけられた山野先生からは、与えてもらう学びを自分のものにするのに不可欠なのは、その後の自身の努力次第…
と、お話が続きました。








模擬実技では、いろんな鍼の方法を拝見しながら、技術のポイントを教わりました。
散鍼は、チョンスーチョンスーチョンチョンスーと、リズミカルに。
「盗んだ技を統合する。
鍼先が自分の身体の延長であるよう、結びつくよう練習を重ねる。
そして、微調整していろんな手の内に変化させる。」




「常に疑問を持つこと。
目的意識をしっかり持つこと。」

さあ、一つでも多くの技を盗めるよう、受け身ではなく能動的に、合宿や各勉強会に挑みましょう。



○臨床発表
両側人工股関節全置換術後の冷えの症例          
牛尾宣子先生(指導教授:山野鵬観先生)

【はじめに】患者さんの診察の際、主訴をふまえ体を診ていくが、診察の技術の未熟さと知識の不足もあり、診察から診断し、治療に結び付けていくことが難しいと感じることが多い。今回の症例から、こうした方が良かったと思える点を振り返り、今後の診察の工夫としたいと思い症例に取り上げた。









【初診日】平成二九年二月二七日 【患者】七一歳女性、既婚。 【主訴】のぼせ、鼠径部から膝にかけてのピリピリした痛み。 【現病歴】平成十年頃より腰痛と膝の痛みがあった。ブロック注射などを受けていたが、痛みは取れず、先天的に股関節が悪いのが原因でしょうと、平成二十年右人工股関節置換の手術を受ける。その一年後に左の股関節も同様の手術を受け、それまでの痛みは改善された。股関節部のROMほぼ問題なし。歩行も普通であった。数年前より歩行時など鼠径部から膝にかけてピリピリした痛みを感じるようになり、現在は、リリカ2回/1日、セレコックス2回/1日内服。(痛みが酷くなるのが心配で、毎日痛み止めを内服)。腰と膝は整形外科的には問題がないと医師より話されている。 【既往歴】四十五歳高血圧、降圧剤内服中。五十歳軽い脳梗塞で点滴治療を受けるが後遺症などなし。その後、言葉のでにくさがあり受診、高脂血症の薬を処方される。胆石の為、経過観察中。六八歳良性発作性頭位めまい症。 【個人歴】旅行好き。普段から家にいるよりも外出し、喫茶店などで過ごすことが多い。 【問診事項】夜間痛はなし。上半身に汗をかきやすく、のぼせあり。顔が熱い。足とお腹に冷えを感じ、腰から下が酷く冷える。 睡眠・眠れないことが心配なので眠剤を服用。便・ビオフェルミンを内服し一日/一回。食欲・有。ぽっちゃり体型。のどは乾かない。 婦人科の疾患はこれまでない。 【軽快因子・増悪因子】痛みの増悪:同じ姿勢で坐っていること。 長時間の歩行。軽快:マッサージを受ける。 【脈状】右寸浮(強すぎず、弱すぎず)両尺が触れにくい。 【舌状】薄い苔、湿潤、歯痕なし。 【腹状】腹満あり。→後にこれが腹張満とご指摘いただいた。 【背候診】首から腰にかけて起立筋の張りが強い。志室辺りに硬結。 【その他】両股関節、膝に熱感なし。手術創から膝にかけて、触れると圧痛あり。下肢は温かい。頭に熱感あり。 【診断】股関節の手術の古血があり、歩きすぎると、毒がゆさぶられ、大腿外側、鼠径部から膝にかけて痛みが出てくる。大腿から下肢へ向かう気血の流れやリンパの流れが悪い。下焦が虚している為、上衝もあり、のぼせが起きている。 【治療方針・治療内容】下焦を補い、気血の巡りを良くし、鼠径部から膝にかけての痛みを取る。上衝しやすいと判断し、基本の型の逆順で治療。初回なので軽めの施術とする。寸三・一番使用。 頭部の熱を散鍼、首、肩のスジには軽めに単刺。背中のスジバリにも単刺。腰の志室あたりの硬結には深く刺入し響かせる。大腿に響く。腹部は、両大巨、関元、中脘に接触鍼で補う。右大腿、鼠径部から膝まで接触鍼。左も同様。両下肢に引き針。手に引き針。終了後のぼせはなくなったが、冷えている。真寒仮熱、誤治?ピリピリした痛みは、変わらず。 【経過】 ・第三診(四月二十日)主訴は肩こり(鎮痛剤の使用で、鼠径部から膝の痛みは、PS5/?)脈は浮き気味だが、腹部と下肢の冷えなどから陰証と判断。腹部を温める治療に変更する。 ・手に引き、腹部は、冷えのある関元に深く刺入し捻りながら温める。中脘、右側腹部、鼠径部の圧痛点を単刺、関元に台座灸。温めるそばから腹部に発汗あり。鼠径部から膝まで接触鍼。胆経ラインの圧痛点に単刺。足に引く。背部は、肩甲間部から腰まで単刺し、硬結を緩め、台座灸。大椎周りの盛り上がりと肩のスジを緩め、気を巡らす。 ・第四診(五月一六日)主訴は、腰と右鼠径部から膝までの痛み。 金沢への旅行で、内服薬だけでは痛みがとれず、ロコアテープを使用し、PS?から8となる。腰と右鼠径部から膝までの痛みを軽減し、腹部を温め、気血の巡りをよくする。 ・右手に引き、腹部は前回と同様。右大腿内側から内果まで接触鍼で気を巡らし、股関節外側の熱を散じ、外果まで単刺。侠渓に引き針。大腿内側に点灸。背部の張りに単刺。腰の硬結に対し、交しょ管でゆるめ、深く刺入し響かせる。その後台座灸。両崑崙に引き針。肩首を緩める。治療後、腰は楽になる。発汗あり、上は熱く、下は寒い。 【考察】初診では、自分が考えている状態と患者の状態が違い診断に迷った。陰証の診断が出来ず、真寒仮熱も分からず、誤治となってしまった。この様なときどうしたら良いのか。初診の腹診では、緊張がある事を考え、それが分かった段階でまず一本手に引き針をして、再度腹診しても良かったと思う。下肢や背部に触れても冷えを感じなかったが、患者の訴えは腰から下が酷く冷える、なので、便秘は無く、婦人科の疾患もない。血毒の熱よりも冷えのぼせと判断できたら良かった。そしてまずは、基本の型で治療に入るのが良かったと思える。 三診でやっと腹部の冷えと虚がわかり、陰証と判断することができた。先に温めることを試みたが、すぐ発汗し冷えてしまい、下肢まで温めることが出来なかった。これは下肢への気の滞りが強度であると思えるが、それは人工関節が入っており、その周りの循環がひどく悪いためだろうか。下肢にしっかり気を通すことが出来たら、温まり方も違い、お腹で発汗しなかったと思える。ただ主訴が肩こりなので、それを主に治療できたら良かったが、他をやりすぎたと、今は考えられる。 四診は、旅行したことで、循環不全がおこり、古血の毒性化が増大したためか、股関節部に邪熱が感じられた。これまで股関節部は冷えている事が多かったが、これは痛み止めを内服していたことによるものだろうか。山野先生が、「いやしの道」十五号に書かれているが、この方の痛みも始まりは腰痛からであった。訴えも腰と膝である。そう考えれば自ずと治療の方法が見えてくる。鼠径部の圧痛、大棗のスジバリを見つけ、それを緩めていれば、下肢への巡りも良くなったのではないかと思う。 症状がいろいろあると、情報が多くなり迷うが、治療の原則、優先順位を考え、治療できたらと思う。また活字では知っているつもりでも、実際の患者さんの状態と一致しないことは問題である。経験を積みながら、しっかり学びたいと思う。

《質疑応答より》
・腰が痛い、と一言で言えども、人によって様々な場所を言ってる事ある。
・主観か客観か、発表資料を記載する時は気をつける。
・本人の言葉だけを信用せず、見たり触ったりで、自分はどう感じるか。
・腰と膝が痛い時は、仙腸関節、鵞足、膝の裏側を必ず診る。
・陰証か陽証か。
・坐骨神経痛には心因性もある。





○実技稽古

入門・初伝・中伝に分かれて、指導して頂きます。
















○お知らせ
・4月から「初伝フォローアップ講座(仮)」が始まります。
日時:月例会の同日午前10時〜12時
対象者:初伝入門講座を修了した方。
テーマ:西洋医学的な事や、整形外科的な検査法等、いやしの道の治療法の中でどうやって使いこなしていくか。
詳細は、3月の月例会時に発表される予定です。


・来月、いやしの道18号が発刊されます。(予定価格は3000円〜3500円)
※横田観風先生の臨床録が、なんと100ページも含まれています!


次回の月例会は、
3月18日 日曜日
14:00開始(受付は13:30〜)
七倉会館にて行なわれます。






(文責:田原)
| ◇東京月例会 | 20:18 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE