いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 11月 東洋医学と養生の会 | main | 12月 福岡の勉強会 >>
12月東京月例会

 

 寒さも厳しさを増してきた師走の第三日曜日、

 東京、根津の七倉会館にて月例会が開催されました。

 

 ●静座

 

 

 

 ●講話

 

 本日は山野鵬観先生による講話です。

 

 

 

 実技中心の講義

 

 

本日の講義は実技中心で行われました。

「いやしの道」では鍼をする姿勢を大切にしますが、「ゆったりと構えるにはどうしたら良いか?」

その構えの問題について一助となるようにと、山野先生がご指導下さりました。

 

まずは模範実技にて。

二人組でモデルが腹這い(パピーポジションという。アザラシやオットセイの子供の意だそう。)になります。

(写真を参照に)

肩甲骨の動きを出す(ほぐす)ために左右の肩を交互に動かす。かなり広範囲に動くことがわかるはず。

 

 次に四つん這いになり、胸を落として肩甲骨を

寄せる。肘の向きを変えてお尻の方を向かせる。腰も肩に寄ってくる。術者は肩の動きにテンションをかけたりする。

さらに応用で術者はモデルの胸椎七番に触れて肩甲骨間部が高くなるように促す。胸椎の軽いズレなら修復することも可能とのこと。

 

この後、鍼の刺鍼の構え(両腕と胸で円を作る、中指を意識)をする。やりにくい人は肩凝りがある。

 

実際に二人組になって鍼を置いてみる。気が至った感覚を覚えていくと良い。

上腕、前腕には余り力は入っておらず、肩甲骨の所で浮いて止まっている感じにする。自由に手首を動かせるように。

 

具体的なエクササイズもあり大変分かりやすい講義だったと思います。あとは各自、鍛錬あるのみです。

 

 

 

●臨床発表

 

 

「坐位・前屈での刺鍼が奏功した足の痛み・痺れについて」

中川由紀先生による発表です。

患者は以前より体調管理とうつ症状予防のために通われていた40歳女性。

一週間前に映画に行き坐り心地の良くない椅子にて鑑賞し、二日前より急に左足に痛みと痺れが出現。歩行時に左足に

荷重できないほど。また臥位の横向き、くの字の姿勢で増悪。痛みは足の何処とは言いにくく凡そ膝から足関節外側および

後面とのこと。

診察所見は眠剤を使用することもあるが現在はよく眠れている。

<脈状>やや緊、左尺沈が強い。遅数は平。

<舌状>青味強く先端やや紅、歯痕あり湿潤。全体に白い苔。

<月経>順調。生理痛なし。

<腹状>ガスでパンパンに張る。季肋部は湿って軽い押圧でも嫌がる。上腹部、臍両側に冷え。両天枢周囲に硬結。右回盲部に邪熱と硬結。気海付近に少し虚状あり。

 

 検査所見は、訴えのある個所には圧痛なし。SLR80度にて痛みあり。パトリックテスト、床より40センチで止まる。右は問題なし。左側屈、右回旋にて左側に痛みあり。L2L3間、L5S1間の腰椎棘間に圧痛。左腰部に緊張と邪熱。左腸骨稜に沿ったところと関元兪、小腸兪に硬結と圧痛あり。

診断は悪い姿勢で長時間座ったことにより腰部、仙腸関節部が凝って硬くなり、腹部の水毒により気血の巡りが悪くなったことから坐骨神経の走行上に生じた。

治療方針は先急後緩にて、左側の痛みと痺れの治療を行う。腰部、仙腸関節部の後に腹中の状態を整えることにより気血を巡らせ水毒を軽減させる。

治療内容は脚気衝心予防のため心包経へ引き針後、背中、腰部、仙腸関節部の散鍼、切皮程度の刺鍼、左関元兪、小腸兪の

単刺。崑崙に引き鍼。季肋部、右回盲部を散じ両天枢、気海に灸。胆経・侠谿に引き針。SLR、パトリックテストの

改善はあるが、左側に痛み残る。座位にて深い前傾姿勢となってもらうと三焦兪、腎兪に硬結があり、硬いスジに当てるように刺鍼と雀啄。この後、テスト正常、痛みが消失し、普通に歩ける。

二診、初診以降痛み痺れはなく快調だったが、頚肩部の不快感が強くなった。これら慢性症状の治療を行ったが、念のため座位での左患部の治療も行ったとのこと。以後、左足の症状は再発せず。

 

考察 海野先生の真似をして坐位にてポイントを探すことは、今回のように坐骨神経痛のデルマトームと離れた治療部位を見つけるのに有用であった。治療直後に症状が改善していることから、腹状に対する治療は不要だったか?治療後に頚肩部の不快感が増大してしまい、予防のために頚肩部を緩め手によく引くなどが必要だった。

 

先生方のコメント

  • 引き鍼を三回やっているがなぜか?→腰の治療した後は崑崙と言うように一つづつ処理した。
  • 三焦兪の刺鍼で中川先生は何をしようとしたのか?→足の方に気血を巡らすイメージ。
  • カイロの先生が診れば一目瞭然だが仙腸関節障害と反射痛(三焦兪辺り)が出ている。とても上手に治療している。
  • 考察にて初診の腹部の水毒の治療は必要なかったのでは?と言っているが必要。
  • 腰痛は、浅い部位が障害されている時は腰部、深い部位が障害されている時は足などに出る。坐位にて深い前傾姿勢を取らせることで深い悪い部位を表層に出しやすくする。触診でポイントを探しやすくなり、深鍼で下まで響かせる。仙腸関節椎間関節 腸骨稜のトリガーポイントなどで治しやすいが、治りにくい場合はそれより上に出ていることがある。三焦兪の辺りは筋膜が癒着しているかもしれない。
  • 中殿筋、環跳なども目の付け所。
  • 腹の大棗のスジに刺鍼して膝を立てて腰をひねることで水毒へのアプローチをする。
  • 脚気衝心とあるが、これは足に邪毒がある場合であり、今回の症例は当てはまらない。

 

 

●全体稽古

 

 入会者が増えて恐ろしく手狭になってきました。暖房いらずの室内の様子。

 

●おまけ

 

例会終了後、今年も盛大に忘年会が開かれました!

芸の披露あり、治療あり、プレゼント交換あり、なんでもありの楽しいひと時となりました。

載せられない写真が多数(;^_^A(笑)

 

 

 本日、講義担当の山野先生が故郷にお帰りになるとのことで、

 記念品の贈呈となりました。そのうちネット販売されるかも(笑)

 PTでもある山野先生は、私たちとは、また違った着眼点でいやしの道協会を盛り上げて下さりました。

 長らくご指導いただき、本当に感謝ばかりです。

 

 さてさて、皆さま、どんな一年でしたでしょうか?

 来年も有意義な一年となりますよう精進してまいりましょう。

 では、よいお年を!

 

 (文責・伊藤)

| 例会 | 00:05 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE