いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 7月関西支部研修会 | main | 7月湘南研修会 >>
7月 東京月例会

蒸し暑さも一入の三連休の中日 7月16日(日)根津 七倉会館に於いて 東京月例会が行われました。

 

1.静坐

身・息・心の調和を目指し、10分ほど、静かに座りました。

 

2.講話

堀雅観先生「私の手の内」
いやしの道の基本手技である、単刺、引き鍼、散鍼、に関する堀先生なりの手の内の工夫について、実演を交えながら発表していただきました。

 初伝者には、型を習得した先に在る課題として
 中伝者には、各人の工夫のプロセスの或る一例として
 指導者には、技術を共有するための表現方法の或る一例として
 お話し下さいました。

 

堀先生は、この講話のために準備をされていたところ、伝えたいことが抑えられなくなったそうで、静坐の時間を短縮して、熱い講話が始まりました。

*臨床に必要な技能*
診察する能力・・・基本の型で身につける

診断する能力・・・『傷寒論真髄』を通して、からだの中をイメージすることを学び、身につける。
治療方針を立てる能力・・・『いやしの道機関誌』第17号(堀先生ご寄稿文)を参照。
治療方針を立てて実行する能力・・・今回お話しいただいた、手の内。

・単刺(管鍼法)の手の内
1)立管、2)弾入、3)抜管、4)刺入、5)補瀉、6)残心の6つの手順に分解し、それぞれ解説していただきました。

立管での手の内では、生きたツボの真上に鍼先を置くことができるようにするため、自作の箱を使った稽古方法(*1)を、
刺入での手の内では、的当ての稽古方法(*2)をご紹介いただきました。
堀先生がマッサージ屋さんでアルバイトをされていた頃、空き時間にはこの的当ての練習をずっとおこなっていたそうです。

(*1:ディスポーザブル鍼の箱に1ミリ弱の穴をキリで開け(「S」印の下にかすかに見える穴)、目視せず手の感覚だけで穴を探り鍼をその穴の上に置くとすとんと鍼が穴に落ちる装置)

(*2:鍼管を硬結と見立て、タオルでくるくると巻き、タオルの上から硬結(鍼管)に当たるように刺入する)

・引き鍼の手の内
1)気の同調について、2)引き鍼における弾入について、3)補法の引き鍼のイメージについて、4)瀉法の引き鍼のイメージについて、引き鍼の実演(*3)やチベットのシンギングボウル(ラマ教の法具)の実演を交えて、解説していただきました。

(*3:中伝の方がモデルとなり(症状:くしゃみ。かぜっぽい)、術者、患者、それぞれが感じていることを実況中継)

・散鍼の手の内
1)散鍼のタイプを決める諸要素について、2)代表的な散鍼について(両手単式斜刺瀉法散鍼、両手連式斜刺散鍼、両手連式直刺散鍼、片手散鍼)、3)稽古において(散鍼のタイプを言語化した意義について)、散鍼の実演を交えて、解説していただきました。

・手の内より重要なもの
術者の施術時の身体(腰を立てる、上虚下実、等)の重要性、そして、知識や技術のみでは無く、道(人間性、等)が重要で有り、愛に基づきポジティブな気持ちでその人をいやしたいと思って治療をしているのか、ということが、治療効果にダイレクトに影響する、といったことをお話しいただきました。

自分の中に恐れ(経営上の不安、治療効果が出るかどうかという不安、等)をもって治療していると、あまり良い気が通らない上に、悪い気を注入することにすらなるのではないか、という言葉が、印象に残りました。

具体的にイメージすることの重要性、工夫(探求)すること、鍼という道具が持っている特性(鍼先に気を集める機能)を活かすこと、学術(知識、技術)も身体も意識(道)もそれぞれが重要で有り必要だということ、全てを身につけることにより最終的には無意識の内に事をなせるようになること、といったことを考える機会となりました。

 

「・・・みないでやれる感覚がだんだん養われていくので脳の中の空間認識能力を使っているなあと思いました。手の内というのも、頭の中で感じた情報と手を動かすというものと、そこから手がキャッチする情報を頭の中で統合しながらやっているので、手の内というのは脳の中でつくられるものだなと最近は思っています。・・カッコイイ台詞だなと、言ってやろうと思って。」

 

 

3.臨床検討会

伊藤里香先生「喘息と体質改善の治療」
当初の主訴である腰痛の治療から、喘息、胃弱等の背景があったため、体質改善の治療に移行し、瞑眩のような症状を経つつ、もともとあったからだの不調が改善に向かっている症例を発表していただきました。

からだの見方、喘息や体質改善の治療、復調する際に起こる可能性が高い瞑眩について 等、考える機会となりました。

【患者】女性 39歳 やせ型(160cm 43kg)
【主訴】喘息
当初、運動中に右腰が激しく痛くなり、来院(第5診目で治癒)。
第2診目、腰痛の他、咳の発作がひどかったため、急遽喘息の治療を開始する。
子供の頃から咳喘息の傾向あったが20歳半ばから喘息気味に。2年前から顕著に増悪。発作がひどい時には吸入薬使用。
【その他】肩凝り/眠り浅く多夢/幼少時より顔に皮膚症状(乾燥による皮膚の荒れ等)が出やすい/腰痛(二十代より時折あり)/胃重/食欲不振(ストレス過多により食べられなくなる)/花粉症による鼻中渇き、目の痒み(ここ2年で症状が強く出るように)/月経前後に頭痛、便秘、倦怠感(高校生の頃から鎮痛剤が手放せない)/冷え症(左足が冷える)/朝方トイレに行きたくて目が覚める/7年前から体重5kg減少/去年、脂漏性湿疹(鼻周囲にでき桔梗石膏湯で治癒)になる/肝臓の検査値(ALP(GPT))が2年に1度は要観察になる(原因不明)/慢性胃炎/7年前ご主人の転勤で中部地方から関東地方に移住、4年ほど前から派遣社員として仕事をはじめるが、多忙のため去年夏に胃炎となり、さらにやせた
【診察】脈診:浮 細弱遅および緊 右>左 右関強め/舌診:紅舌 舌尖紅 舌下静脈怒張あり 乾燥/腹診:図参照(*)

(*左上から:腹診図、背診図、通常時のイメージ図、瞑眩発作時のイメージ図)


【診断】ここ数年は過労が続き咳のため夜も眠れず食欲も低下してだんだんやせて太れなくなり虚弱になっていった。喘息は幼少時より、その傾向がある為、胸に邪毒が存在し、過労、ストレス、天候、風邪などの要因により発作となる(所生病的是動病)。腰痛は元々体が硬い上に、休養、栄養不足により筋肉が硬直傾向なところに強めの運動を行ったところ痛めたと思われる。
【治療方針】#喘息→頸肩および胸部の邪気をさばき、季肋部や腹部の気を巡らせ、水滞や瘀血を除去し体質を壮健にし肺内の邪毒を排出させる。#腰痛→局所の熱感をさばき硬結を緩める。
【治療及び経過】加療 週1回/鍼 2番寸3使用/基本、先急後緩にて対処。
※以下、喘息治療の記載に重きを置く
・初診(平成29年2月6日)
腰痛を主体に治療。腎兪辺りの硬結、立ち上がりや前傾姿勢で痛む。腰部圧痛点の単刺、腹部の凝りに刺鍼、頸肩部の熱を散じ最後に痛い姿勢をしてもらいながら運動鍼。施術終了後のペインスケール10→5。
・第2診(2月10日)
腰痛がまだ残るものの咳の発作がひどく急遽喘息治療をする。手足によく引いて頸肩部の熱を瀉し、胸部散鍼、腹部を補う(天枢、中かん、水分)、季肋圧痛点を瀉す、伏臥位にて頸肩、上背部を瀉す(肺兪、頸リンパ腫脹部位、天柱周囲)、膈兪・脾兪補うように。最後に側臥位にて右痞根辺りを単刺。左足臨泣に引く。(これ以降、前述の治療をベースに継続)灸の指導、施灸開始(現在まで、毎日継続中)。4診までほぼ同様に。
・第7診(3月14日)
喘息発作が楽になってきている。便秘、食欲不振の訴え(胃の六つ灸、足三里など施術を追加)。鼻の周りに肌荒れが出始めたため、桔梗石膏湯の服用を再開。
・第11診(4月11日)
3月いっぱいで仕事を退職。治療に専念することに。天気や気圧の関係で喘息発作がひどく休めた感じがしなかったそう。食べられるようになってきているが、体重の増減なし。上背部の細絡より刺絡を開始。
・第12診(4月18日)
生理1週間前、易疲労、頭痛、胃重、花粉症(目の痒み、鼻の渇き)がひどく、咳の発作もあって薬を使用したとのこと。胃の動きを良くするため、左痞根に深く刺鍼している最中、気持ち悪さを訴えて胃液を吐いた。このあと胃重が消失。→ここからは後日談。翌日、胃痛がして38度の熱がでた。病院にてエコー検査をしたが慢性胃炎の診断にて輸液をされる。2日ほど具合が悪かったが生理がきてスッキリしたとのこと。
・第13診(4月25日)
咳き込みが減って眠れるようになってきた。胃の働きを補うように治療。刺絡は1回お休み。
・第14診(5月1日)
食欲増進し、食後の違和感も消失。生理前後に頭痛あり。
・第17診(5月23日)
喘息が楽になったとのこと。食欲も安定している。咳発作より目の痒みなど花粉症状がつらい。生理時の鎮痛剤の使用が減ってきたが寝込むほどのだるさなどの訴えがある。
・第19診(6月6日)
口唇ヘルペスが出た(調子が悪いと必発)。喘息発作がまったく出なかったそう。頸肩部の邪熱が再び出てきた。
・第22診(6月26日)
明日よりパートで仕事を再開。食べられるが食欲なく胃痛、胃重がある。生理は楽になってきているが怠さと眠気が強いとのこと。
【考察】頻発する身体の痛みに対応しつつ、まずは虚弱体質の原因となった喘息と胃弱の治療を中心に施術を開始した。喘息は5月上旬には症状の軽減がみられ現在ではまったく発作がない時もある。食欲は退職した4月始めより出てきたが消化能力が追い付かず胃重になり、第12診で瞑眩様症状が出てから消化機能が安定した。38度の発熱にて胸中の邪毒が、季肋下の水毒が嘔吐にて排出されたと推測した。瞑眩様症状から胃痛が出て月経開始と共に消失したことが月経前症候群ではないかとの指摘もあるが通常時は片頭痛や腹痛がみられており、月経前で気がざわつき始めていたところ痞根の深鍼にて奥の筋張りが緩み気が動揺し、過食(久しぶりにゴボウや玄米等繊維質のものを食べ始めた)で弱っていた胃に症状が出たとイメージした。最近は再び頸肩部の「蒸し蒸しするような」熱気が感じられるようになり、鎮痛剤の服用は減ったが月経に伴う片頭痛、生理前後の疲労感などの訴えがある。また胃腸の調子が良いものの体重増加までには至っていない。喘息は症状が長期にわたり完治が難しい病であるが発作の誘因を除去しながら、やや心気的傾向のある患者を支え、今後も変化を観察していきたい。

*指導者の先生方、会場から(一部)*
・喘息の治療方法の例
 肺経の井穴刺絡や、肩甲間部に細絡があれば細絡刺絡
 腹部(とくに季肋部)をしっかり緩める
 腹部への施灸(沢田流五柱)
・喘息の場合、太陽病か少陽病かの見分けがひとつのポイントになる
 (伊藤先生は、本ケースは少陽病でベースに虚状ありと見立てた)
・参考図書
 『いやしの道機関誌』第15号
 (横田観風先生:鍼灸師のための『傷寒論』を学ぶ会講義録(小青竜湯))
 (安田無観先生:瞑眩についての覚書)
 『鍼道発秘講義』痰証の章
 『いやしの道しるべ』11p

 

4.実技稽古

指導者・中伝者・初伝者の組に分かれて 各々、実技の稽古をおこないました。

 

来月は 8月20日(日)14:00〜 開催されます。

 

【連絡事項】
2017年合宿研修会(日程:9/17-18)の申込は、7月31日(月)まで受け付けております。
お問い合わせ・お申し込み連絡先
中川由紀 yucci.hari.kyu☆gmail.com
*メールアドレスの☆を@に変えて送信して下さい。

 

(文責 小池)

 

| 例会 | 23:00 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE