いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 5月 関西支部研修会 | main | 4月 福岡の勉強会 >>
5月 東洋医学と養生の会

5月28日(日)、京都の心耳庵にて、東洋医学と養生の会が開催されました。

 

参加者)鍼灸師6名。一般2名。

 

13:30〜 貝原益軒『養生訓』(第四巻)輪読

 

 飲食に関する具体的な養生法が書かれています。

 ・根菜はできるだけ細かく切って調理するか、二回火を入れて柔らかくして食べるべし。

  (胃でやる消化の一部分をできるだけ調理場で済ませておこう、ということでしょう。)

 ・肉体労働でくたびれた時は、食事を摂るとすぐ眠くなってしまうから、疲労から少し回復してから食事を摂るべし。

  (貝原益軒は、食後すぐに横になると胃に負担がかかると警告しています。)

 ・怒っている状態で食事を摂らないこと。

  (ちなみにある北米先住民の教えによれば、怒りながら調理するのは、「毒を盛っているのと同じ」だそうです。)

 ・新鮮なもの、出来立てを食べること。

  (たしかに冷蔵庫の残り物を片付けるために、古くなったものばかり食べ続けていたときは、体調が悪かったです。)

 ・梨は蒸して食べ、干し柿はあぶって食べ、甘柿は熱湯をかけて食べるべし。

  (貝原益軒は何でも温めて飲食することを薦めています。今夏はぜひ梨を蒸して食べてみましょう。)

 

14:30〜 大田神社の裏山にて気功

 

 

 二か月前の栖賢寺での養生の会では、足元がおぼつかなかった方が、スッスッと山道を登っていかれるのでびっくり。

 毎日散歩し、食事にも気を付け、鍼灸治療にも毎週通って、どんどん身体が良くなってきているようです。

 

 大地から息を吸い上げ、体中に満たし、丹田に納める。

 呼吸という、人間の身体の中でも自然の営みの方により近いことが、

 意識が介在しすぎて、自然にできなくなっていることに気づかされます。

 (「息が上手く吸えないんです」という患者さんが結構おられます。)

 

16:00〜 治療・稽古

 

 

 一般の方が稽古台になって下さいます。

 

 

 治療で主訴がなかなか取れず、手詰まりになってしまう局面もあります。

 臨床では一人でなんとかするか、深追いするのをあきらめて治療を打ち切るか、しなければなりませんが、

 「東洋医学と養生の会」では、その場にいる他の鍼灸師の視点から、膠着した局面を突破する一手の提案があり、

 実際にそれを試みて、主訴が取れるという体験をすることがあります。

 

 自力で必死にやって、それでも上手くいかずに「困る」というのが第一条件。

 今の自分の中にある力で、(他者のサポートを少しだけ受けつつも)その困った局面を突破できると体験するのが第二条件。

 

 この二つが学びが成立するための重要な要件ではないかと考えるようになりました。

 

17:30〜 反省会

 

 

次回は6月25日(日)に開催予定です。

 

(文責:村田)

 

 

| 東洋医学と養生の会 | 09:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE