いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
<< 杉山真伝流勉強会 | main | 1月 湘南研修会 >>
2011年 1月八郷接心
あけましておめでとうございます。
画像が正常の戻りました!!
新年画像スペシャル!!

準備
8:30
 |    随座
9:00
 |    坐禅(一柱)
9:30
 茶礼

先生を囲んで夢を語る瑞々しい参加者たち。
先生が退席されると、早速、スマートフォンに群がる「IT」BOYたち(「IT」BOYになれない、おじさんたちも多少まぎれてます)。
5:00 開枕


掃除

5:30 読経
6:00
 |   座禅(4柱)


八郷の日の出(AM7:00頃)。


8:00
 |   粥座
8:15
 |   休憩

9:15 
 |   筆禅道

1月は作務はやらないで筆禅道。
筆禅道で検索しても、説明が見つからないので
(入木道→山岡鉄舟→横山天啓→大森曹玄→寺山旦中)をキーワードに検索してみてください。
無限の宇宙の彼方から、筆に入り、一本の線を描いてまた無限の宇宙の彼方へと戻っていく気合で描きます。
現代風に例えると(低俗ですが)漫画「ドラゴンボール」の「元気玉」が筆に入るわけです。



  




元気玉入ります!!




宇宙の彼方に戻っていくイメージで。

同じ気合で一筆書き。
10:30  お茶・講和

「聖人夢無きは、物に應じて形現るるは水中月の如し」
夢にも睡眠中の夢、願望の夢、空想の夢等、色々あるが「荘子」に「胡蝶の夢」というのがある。
我々、それぞれは別物だが我々を動かしめているものの根本は1つである。また昔の歌にも夢が出てくるが、過去もまた夢である。そして未来も夢である。現在只今、一瞬一瞬が今の現実である。
よくいつまでも過去の事に拘っている人、先行きに不安がる人がいるが、これもある意味では夢である。
夢に引きずられないように。

何気ない物の置き場所にも「美」があります。

覗きはいけません。ちゃんと自分で考えましょう。
12:00 
  |   斎座
12:30
休憩

「この〜町は〜戦場〜だから〜♪」ある意味、この研修場も戦場です。

13:30 総合稽古
1.Q 治療姿勢と基本を点検してください。

A. 弾入が悪い。いきなりのポン、ポンは痛い。表面で効いてしまう人も突抜けてしまう。最初は鍼柄の近いところからだんだん遠くに。
まず、丹田に気合が入るかが問題。
皆、弾入してから気合を入れている。

最初に気合を入れながら始める。

2.Q手が冷たいので、どうしたら暖かくなりますか?
A.坐りこむしかないですね。伸びるような気合で坐る工夫を。


3.Q響きをきちんと起こすには肘で動かすと教わったのですが点検してください。
A.上下の際、少しブレがある。手首を固定しないように。
丹田からの気が鍼先に行くようにするから腕全体を力まないようにする。

皮膚から離れてても押手を介して鍼先は皮膚に接しているから響きます。


4.Q生きたツボを取穴して切皮までを点検してください。
A.弾入がトンカチだと痛い。

指を曲げないで、柔らかいところで。叩くよりも引き。3の答えのように全体からしならせて切皮。チョンチョン、トントンとなるように。


5.Q.引き鍼が体幹の方ではなく、手足の末端に響いてしまう。
A.鍼を技術的、精神的にも押し込みすぎ。微妙なところではあるけども、押し込まない。

6.Q.深鍼をしたいが、なかなか入らず、響かない。
A.取穴したのに、いざ、切皮のときに押ての位置が変わる。
人差し指と親指第一関節ピッタリ着くように。


鍼の指にならないと。私も最初はできなかった。
どんなに細い鍼でも押さえた所は堅い。長い鍼でも、押手と差手の間がミリ単位の狭ければ狭いほど堅くなる。
「医道の日本社」さん。
早速、矯正ギブスを作ってください。
私、買います!!!
7.Q.瞬間鍼で、響く層がわからない。
A.向こうの反応を注意深くする。
触診の時にどのくらいの深さが響く層かイメージできるように。

以下、個人的な話が続いたので、割愛いたしました。

15:00 反省会
すみません。やりっぱなしでした。

(文脊 船坂)
| 八郷接心 | 00:15 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE