いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
お知らせ
明日(5/17)の初伝・入門講座は、13時開始です。受付は12時45分からです。お間違えのないようにご注意ください。

| 連絡事項 | 09:46 | - | -
年頭のご挨拶
謹んで新年のお慶びを申し上げます



 「物がきたる」  いやしの道協会・会長 朽名宗観 
                         (機関誌『いやしの道 13号』巻頭言より転載)

 患者さんに評判の手焼きせんべい屋の御主人で、自らが職人としてこだわりの逸品を焼き続けていた方がいる。思うところがあって惜しまれながらも還暦を期に店をきっぱりとたたんでしまったが、「職人が生きていくのが難しい時代になりました」というのが口癖である。愛用の下駄の修繕ができる店を東北にまで行って探し当てるほどの手仕事の「もの」にこだわりを持っているが、それは東京にはそういう仕事のできる職人がいなくなったということに他ならない。
 大量生産・大量消費が時代の趨勢となれば、シンプルな道具のみを使った技に生きる職人が次々と姿を消してゆくのに歯止めはかかりそうもない。もののあり様が変わってしまって、かつては針供養、筆供養、包丁供養などのように尊重されていた付喪神(つくもがみ)は影をひそめて、ものはあふれてその入れ替わりは加速し続けている。格差社会が問題になりはじめた頃、人が物のように切り捨てられるという言い方がされたが、世の中での物の扱われ方と、人という者(もの)の扱われ方には、かさなるところがあるのではないかという気さえもする。
 さて、日本語でいう「もの」の意味する範囲は広く、多様な使われ方をする。単に物質としての意味だけではなく、物語、もののけ、もののあわれ、目に物を見せる、ものものしい、ものすごい、人物など、例をあげるときりがない。
 われわれがとくに忘れるわけにはいかないのが、「日本的なものにゆく道」の「もの」であろう。江戸中期に朱子学批判を展開し、日本独特の儒学を打ち立てた荻生徂徠は、この「もの」を「教えの条件」、すなわち詩・書・礼・学に関する実践的な技芸であると位置づけ、六芸(礼法・音楽・弓術・馬車を操る術・文学・数学)などがそれに当たる。つまり、そうした技芸を身につけることで、おのずとその技芸に詰め込まれている知恵・気・情報などが、言葉による教えよりも十全に体得できると考えたのである。徂徠によれば、「格物致知」は「物が格(きた)って、知が致(いた)る」と読み、技芸に深く親しんで、それが内包する英知を心身にインストールすることだという解釈になる。ここで言う「物」とは「物になる」というときの「物」に親近性がある。
 徂徠学は初期の古方派の大家たちに大きな影響を与えているが、徂徠の高弟である山県周南の門下にあった永富独嘯庵もその例外ではない。彼が当時の一流の文人や書家であった「服部南郭の詩、北山雪山の書、松尾芭蕉の俳諧」と自分の医家としての技量を比較して「恥ずかしさのあまり、汗が背にあふれなかったことはない」というのは、前述のような徂徠学の技芸に対する位置づけがあったからこそのことだった。
 鍼灸師とは、古くから伝わるシンプルな鍼と灸という道具のみを使って、自分の技で生きてゆく数少なくなりつつある職業の一つと言える。この身に鍼灸という物が来ることで、どんな知恵を示せるのかがわれわれの課題である。
| 連絡事項 | 03:32 | - | -
忘年会のおしらせ
12月18日月例会後、恒例の忘年会を行います。
いつも真面目なあの先生のアッと驚くパフォーマンスも
見られるかもしれません。
ふるってご参加ください
ビール

○18:00〜20:00(七倉会館)
○会費2000円、(当日受付で)
○飲み物は各自持参(空瓶持ち帰り熱燗
○余興の景品の商品を任意で寄付を募ります。
 御歳暮の余り、ダブって買ってしまったものなどありませんか?
 バザーに出す要領でお持ち下さい。
 あまりかさばらない物でお願いしますプレゼント
○月例会にて参加申し込みをまだされていないの方は
 海野先生まで連絡下さい。
 食べ物をデリバリーする手前、人数の把握が必要です。電話
○余興希望者を募集中
 歌の得意なあなた
 KARAのダンスができるあなた 
 手品ができるあなた
 ただ勢いがいいあなた
 申し込みは海野先生まで(申し込み締め切り10日まで!)楽しい




海野先生 0453350967ワイングラス


| 連絡事項 | 11:59 | - | -
10月からの月例会について
月例会のスケジュールが,10月から一部変更になりました。
諸事情により替わる事もあるかと思いますが、参考にして下さい。

13:45〜14:00   受付

14:00〜14:20   静坐または、座禅

  ※テーブルの用意は、発表者席のみとする。

14:20〜14:50   講話

14:50〜15:50   臨床発表:レジメは、B5 2枚 
          発表30分 質疑応答、解説30分を目安
          いやしの道掲載時原稿は、B5 4枚まで

15:50〜16:00   休憩 グループ分け

16:00〜17:30   実技 始めの5〜10分で自己紹介を含め各自の課題を明確にし、
          指導者は持ち時間を決定してから開始

          ※希望者は観風先生の点検を受ける

17:30〜17:50  会からの連絡事項とグループ毎の交流

          ※テーブル無し、お茶やお菓子の用意は会としてはしない。

17:50〜18:00   片付け



2011年10月からの月例会当番表

日 付       症例発表       講 話

2011年

10月16日      伊藤        朽名

11月20日      藤田        大浦先生

12月18日      三輪        海野

2012年

01月15日      吉田        観風先生

02月19日      宮下        原田

03月18日      高橋        安田

04月15日      市川        倉田

05月20日      山野        朽名

06月17日      福嶋        石井

07月15日      海老原       大浦先生

08月19日      尾井        観風先生

09月16日      船坂        観風先生

10月21日      河原        朽名

11月18日      前之園       大浦先生

12月16日      石水        海野



不明なところ、都合の悪い点がある時などは月例会の際に 石井先生にお尋ね下さい。

文責:深尾
| 連絡事項 | 19:54 | - | -
忘年会のお知らせ
申し込み期限は過ぎましたが、参加ご希望の方はお問い合わせください。


12月の月例会の終了後に、毎年恒例いやしの道協会
大忘年会
を開催します!

一年の締めくくりに、よく食べ、よく呑み、よく笑いましょう楽しい
もちろん、初めて月例会に参加される方や非会員の方のご参加もお待ちしています。
会員、非会員にかかわらず、ご友人をお誘いの上ご参加ください。

そして、毎年恒例のあの企画ももちろんやります。皆様ご準備をイケテル

参加希望者は12月5日(日)までにメールにてご連絡ください。
以下詳細です。

日時:12月19日(日) 18時〜20時
場所:七倉会館
会費:2000円
申込アドレス:koki@nihonnoigakusha.com

その他連絡事項は、参加者に追って連絡いたします。

参加希望者は、上記アドレスに件名を「忘年会参加希望」として、
 ・お名前
 ・連絡先メールアドレス
(携帯アドレスの方は上記アドレスのフィルター解除をお願いします。)

をご連絡ください。
皆様のご参加お待ちしています。


忘年会幹事 前之園 空観

記事の一番上へあげます。12/8

| 連絡事項 | 15:16 | - | -
月例会発表者と茶礼当番表
月例会発表者と茶礼当番表

2011年までの月例会発表者と茶礼当番を載せます。
諸事情により替わる事もあるかと思いますが、参考にして下さい。

見方:月日 症例発表者(指導者、中伝者) / 茶礼当番(一番左は菓子係)

☆2010年

  12月19日  高橋、河原  /  石水、堀、市川

☆2011年

  1月16日 前之園、宮下  /  堀、市川、池内
  2月20日  石井、市川  /  市川、池内、深尾
  3月20日  海野、福島  /  池内、深尾、岡田(功)
  4月17日  山野、三輪  /  深尾、岡田(功)、海保
  5月15日  朽名、尾井  /  岡田(功)、海保、中村
  6月19日  安田、石水  /  海保、中村、神谷
  7月17日  舩坂、木村  /  中村、神谷、南部
  8月21日  吉田、養母  /  神谷、南部、高良
  9月18日  藤田、伊藤  /  南部、高良、佐向
 10月16日 前之園、河原  /  高良、佐向、越藤
 11月20日  原田、宮下  /  佐向、越藤、竹下
 12月18日  高橋、市川  /  越藤、竹下、二見

☆2012年

1月15日    倉田、福島  /  竹下、二見、興津

(文責・深尾)
| 連絡事項 | 01:16 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE