いやしの道協会ブログ

いやしの道協会の最新情報をお届けします。

※当ホームページ、ブログに掲載する画像・文章の無断転載、転用はご遠慮ください。
7月 東京月例会

7月21日、梅雨明けが待ち遠しいこの頃です。

根津の七倉会館にて東京月例会が行われました。

 

1.静坐

 身息心の調和。息を整えて静かに坐ります。

 

2.講話  海野流観 先生
 「お灸」について                     作成中

 

 

 

 

 

 

3.症例報告

 

心と身体の声を聴き、腱鞘炎と生理不順が改善した例
                  堀 麻里(指導 堀 雅観先生)

 

 

【はじめに】頑固な腱鞘炎、生理不順等の症状が、自身の心の気づきと退職・独立開業により改善。心と身体の因果関係を知りたいという患者の希望があり、毎回心の内を話すことを取り入れた。
【初診日】二〇一七年十二月二六日
【症例】三六歳 女性(身長一六三cm)職業:会社員(→初診より一年後、退職・独立開業)
【主訴、及び要望】 ̄Ω、右上肢のだるさ、つっぱり、しびれ∈玄蟯慇當豊生理不順た瓦反搬里琉果関係を知りたい。
【現病歴】‘鵝三貉庸の腹腔鏡による胆嚢、甲状腺、右肺摘出手術後から、右腋窩から右肩、右腕、右手にかけて、だるさやつっぱり、右中指にしびれ。一カ月前からで思い当たる原因なし。生理が一週間位遅れている。いんなど大きい病気が多いため、心と身体の因果関係を知り、心身を整えたい。
【随伴症状】手術痕のひきつり
【既往歴】二〇一四年夏、胆嚢摘出(胆石が五、六十個あった)。秋、甲状腺乳頭がん(甲状腺三分の二摘出)。冬、右肺早期がん(右肺十一%摘出)。小学生の時、右手小指骨折。転倒により右手、右膝を縫う。
【家族歴】母:甲状腺がん、子宮筋腫。姉:乳がん。親戚は胆石、婦人科疾患が多い。
【増悪因子・軽快因子】―⊃音に増悪
【診察所見】。脈状:沈、やや緊、やや弱(特に右)。舌状:全体的に細い、苔少、湿。腹診:図参照。主訴の右腕が異様に張っている、左手首に邪熱有り。問診:二便正常。睡眠:六時間位、仕事でストレスを感じる。その他:頚の運動で右上肢への放散痛なし。左陽渓付近の邪熱、足三里の張り、膝下の冷え。
  
【診断】上熱下寒。|税后右肺摘出による気血の滞り、つっぱり感。▲疋吋襯丱鷯標群。首や胸の邪熱の影響ありと推測。J中の虚寒。ぅ好肇譽垢砲茲詁皸。
【治療方針】先補後瀉で、補うことに重点を置き、上部の熱を下げるように治療。,劼つりをゆるめ、巡りを改善。⊆蟯慇瓠頚、胸の瀉。J中の補。ぅ好肇譽垢慮彊を探す。
【治療内容】大腸経、肺経の手に引き、頭、頚、膻中、右季肋部、
散鍼、単刺。大巨灸頭鍼。右腕、散鍼、邪単刺。左手首の邪熱、散鍼、単刺。三陰交、灸頭鍼。右肩背から右背部の邪を散鍼、生きたツボに単刺。痞根〜徹腹の生きたツボに灸頭鍼。湧泉台座灸。右手に引き鍼。
【経過】 
◆第一診:弱かった脈状、やや復活。―→七。⊇→九。ぜ分にも他人にも「こうでなければならない」という想いが強く、常に身体に力が入り、柔軟性がなかったことに自身が気づく。
◆第二診(二〇一八年一月六日)〜第六診(二月十六日)
基本的に一診時と同様の治療。―→五⊆拉は減るが、痛みは十→九生理が十二月二十日位に来るはずが、未だに来ない。腹部の張り、ガスがあり、一診の治療に加え、腹部の生きたツボ、合谷に引き鍼。そ性性のワーク。
◆第七診(三月三日)、第八診(十七日)
二月末に生理が来たが、少量から普通量が出続けている。病院で内視鏡検査、異常なし。腹部の冷えが顕著。腹部を補い、血海に灸頭鍼。
◆第九診 四月十八日
A芦鵑了案後(三月二十日)、生理が終わった。今回は八日から生理が始まり、大量出血。病院でピルを処方されたが、経血量がより増え、十六日に中容量ピルに変更。副作用で、吐き気、ふらつきがあったものの十八日に生理が終わる。大腿内側に寒気。ご蕎陲鯏任出してもらう。
◆第十診 五月十九日
,曚椶覆ぁ1η愽瑤亮戮發覆なった。∩衒僂錣蕕債砲ぁD抄瓩寮戸は五日間で終わり、量も通常通り。ぐ柄阿牢蕎霤に揺さぶられていた出来事に動じなくなった。
◆第十一診 六月十五日
今月の生理はまだ来ない。右下腹部がチクチクし、腹部全体冷え。便秘。頭、胸、邪熱。上の熱邪をさばき、腹から下を温補する。そ性性の話。
◆第十二診(六月三十日)〜第十四診(八月四日)
A芦鷂紂二週間後に生理が来た(通常量)。本日、エアロビクスをやり、腰が痛い。骨盤から上半身が飛び出ているような、心と身体のバラバラ感があるとのこと。前後動作時痛(特に右)、安静時痛あり。L4、大腸兪付近に邪熱、圧痛。引き鍼、散鍼、単刺。じ什澆了纏ではなく、本当にやりたいことを仕事にする決意をする。
◆第十五診(八月二四日)〜十八診(二〇一九年一月十一日)
退職を八月中に決意し、十二月で会社を退職。やりたいことを始動し∈玄蠎鵑猟砲澆なくなり、胸の邪熱が初診時に比べ七割減。 
◆第十九診(一月二五日)〜二三診(五月十六日)
主訴及び上熱下寒、陰証傾向もなくなる。初診に比べ身体が一回りスッキリ(実際に体重も三kg位減量)した。ただ、定期健診の甲状腺エコーでひっかかり、細胞診をやったが採取できず、経過観察中。
【考察】患者自身、身体に起きていることを本気で知りたいという覚悟があったからこそ、心の内側が浮上し、癒され、本当にやりたいことに飛び込めたのだと思う。心が癒されると身体の痛みがなくなる、ということを目の当たりにした症例の一つである。甲状腺のエコーでひっかかっているので、引き続き気を引き締めて治療にあたりたい。

 

 

 

 

 

4.実技稽古 

 

 

5.連絡事項

 

・いやしの道創始者の横田観風先生のご著書「鍼と禅」春秋社から出版されました。

 

 

・合宿の申込締切は7月末です。詳しくは7月2日のブログをご覧下さい。

 

 

(文責  酒井)

| - | 02:20 | - | -
8月 福岡の勉強会

8月 福岡の勉強会

 

---(今日の内容とメモ)-------------------

1、静坐法

2、古方選読


3、傷寒論講義

 

4、実技稽古

生きたツボの取り方

 

------------------------------

次回は10月27日です。

 

文責:河原燈観

| ◇福岡の勉強会 | 09:47 | - | -
7月 杉山真伝流勉強会

  講義日程の変更のお知らせ

9月の講義は第4土曜日月28日です。

『杉山真伝流』勉強会 第165回 令和元年720日(土)

           講師 大浦慈観先生

◆◆◆シリーズ:『杉山流三部書』から(24)◆◆◆

今回のテーマ:「撰鍼三要集」(序文)、起竜術と起虎術

前書き 「療治大概書」を編纂後「類経図翼」に強い感銘を受けた杉山和一は自らの

序文と跋文を加えて「撰鍼三要集」を著した。1682928日、杉山流鍼治学問所

が正式に開校すると「療治大概書」と「撰鍼三要集」がテキストとして暗誦された。

報告 杉山和一の木座像が発見されました。我々が長年探していた杉山検校の木座像

があると知らせを受け、7月7日公益財団法人杉山検校遺徳顕彰会に関する4名と

ガイドヘルパーさん1名で江の島神社を訪問し、相原圀彦宮司さんに迎えられ、

江の島神社に拝殿参拝、御祈祷と玉串奉納後、応接室にて杉山検校の木座像と対し

調査をさせて頂きました。北里大学東洋医学研究所医史学研究部の大浦先生の発表

があります。

撰鍼三要集  序文 前回の続き

昔寓さんは誤って人をいかすに漢方薬だけを使った。鍼と灸を捨ててそれを講義する

ことはなかった。それゆえ傷寒の熱が血室(肝から生殖器まで邪熱が入る)に入ると

発熱強く頭狂ったように脳障害を起こすこともある。病が5、6日も経つと太陽病から

少陽病に変わり肝から生殖器まで邪熱が入り邪を追い出すには漢方薬では小柴胡湯が用

いられるがすでに及ばないときがある。その時傷寒論に期門を刺しそして小柴胡湯を

飲ませよとある。薬だけで解決できますか、鍼のできる人に治療を頼みなさいと言って

いる。介賓類経三部作あり、類経は素問霊枢にある文章を分類しました。

鍼は鍼についてだけ抜き書きし、薬は薬だけ、診断法は診断法だけ分類しました。

類経図翼には鍼と診断が特に書かれている。許学者士さんが言っていたように

これこそ鍼の重要なことではないですか。

杉山和一は偉い人に進言するとき暗闇の中で練りに練り物事の大事を見定め真偽を

確かめる。鍼は深いものである。

次回8月17日 9月は第4土曜日

(市川友理)

 

| - | 03:49 | - | -
7月 東洋医学と養生の会

7/28(日)京都上賀茂にある心耳庵にて東洋医学と養生の会が行われました。

湿度が高く蒸し暑い京都の夏本番の一日でした。

 

 

経絡流注講義(玉水先生)

 

一般の人が来られる前に希望者が集まりました。

この日は『足の太陰脾経』をやりました。

病気のメカニズムの話や膝痛の話が出ました。

 

 

貝原益軒 楽訓 (村田先生)

 

貝原益軒の楽訓の輪読と解説。

 

今回は「足るを知る」でした。

欲に惑わされる「楽しさ」を求めるのではなく

貧しくても心を豊かに「足ることを知る」ということが大切。

 

「自分の過去や他人と比べてしまう」

「頑張りすぎてしまう」

「体を壊してから考え方が変わった」

皆さんの個人的な経験から「楽しさ」についての気づきがあり。

参加者の方々の心の琴線に触れるような言葉が重なり。

それぞれの心の声を伺うことが出来た貴重な時間となりました。

 

でも「楽しむとは」と改めて突き詰めていくと難しいから

あまり深く考えんとこうかな、という意見にも私は賛成です。

 

 

気功と呼吸(玉水先生)

 

体を動かす時間です。

この日のテーマは「身体のセンターを意識する」です。

体を動かしながら自分の重心を確かめます。

呼吸をしながら、肩の力を抜いていきます。

下半身を安定させるのがポイントです。

 

 

 

立ったり座ったり自由な格好で呼吸をしながら自分の体と向き合いました。

 

治療の時間

 

初めて鍼を受けるという参加者の方もいらっしゃいました。

学生の方も指導を受けながら実践稽古をします。

 

 

ふりかえりの時間

 

一人ずつ今日をふりかえり感想を言います。

 

「体と向き合うことで自分の体をより愛おしく感じました」

という意見がありました。

 

 

お久しぶりな方も、初めての方もいつものメンバーも。

養生の会にはその時々で色んな方が来られますが

いつでも養生の会の空気は柔らかだなあと感じます。

 

「今日は良い話を聞かせていただいて良い夏の一日を過ごしました」

 

支部長の締めの言葉で暑い養生の会が終わりました。

 

 

次回養生の会は8月は和歌山に行く予定です。

その次は9/22(日)開催予定です。

 

(文責:竹ノ上)

 

| 東洋医学と養生の会 | 14:13 | - | -
7月 福岡の勉強会

7月 福岡の勉強会

 

養母氏の臨床各論が終わり、今月からは新たに初学者向けの内容になっています。

 

---(今日の内容とメモ)-------------------

1、静座法

2、古方選読

・古方の基本的な考え方について


3、傷寒論講義

・生理痛について

 

4、実技稽古

・散鍼

 

------------------------------

次回は8月25日です。

 

文責:河原燈観

| ◇福岡の勉強会 | 22:31 | - | -
7月 初伝フォローアップ講座

 朝は晴れ間の中にも雨がぱらつき、天気が心配でしたが、その後は回復し、暑い日になりました。今月も通常通り初伝フォローアップ講座が行われました。

 

1、静座

 

  午前中からぐんぐん気温が上がり、さすがに開始からエアコンをつけました。その中で心身を整えるために5分程坐ります。

 

 

 

 

2、傷寒論真髄素読

 

 本日は28章、『桂枝去桂加茯苓白朮湯』です。

 

 

 

 

素読していく中で、行間をいかにイメージして埋めていくか、その為には語句一つ一つの意味を理解していくことが重要で、それが臨床での練習にも繋がるとのことでした。

 

 

3、指導者講義

 

 本日は「 万病一風的治療に活かす西洋医学 〜頸肩部痛・上肢症状〜 」です。

 

 

 まずは、病態や特徴的な所見を資料を通して理解を深めたのち、実際の検査方法を実技で確認しました。

 

 まずは、その方のアライメントを確認して、症状と照らし合わせていきます。

 

 

 

 

 

施術後と比較して、アライメントと症状がどう変化しているかも重要になります。

 

 

 

 さて、こちらは絞扼障害のテストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは写真の検査方法が、どこの絞扼を疑ったテストで、どんな検査名だったか覚えていますか?

 

自分自身、苦手な分野だったので、これを機にもう一度学び直します。

 

 

 

 最後に、椎間孔部の刺鍼の練習を行いました。肺尖なども近いため、部位に注意しながら行なっていきます。

 

 

 

 

解剖学のイメージと、触診技術がとても大事だと感じました。

刺鍼するとどこに響きが生じるを聞きながら刺激していきます。

 

 

 

 

 

さて、来月は18日、堀先生がお休みのため、急遽前之園先生が講義してくださいます。

 

奮ってご参加ください。来月もよろしくお願いいたします。

 

(文責 尾)

| 初伝フォローアップ講座 | 16:17 | - | -
7月 東京接心会

 

梅雨明け間近の関東。暑さが少し落ち着いた染井霊園の夕昏。

 

 

いつも会場としてお借りしている勝林寺さん。

さりげなく季節の緑が楽しませてくれます。

 

〇実技

 

それぞれの課題をこなしたり、モデルさんに来ていただき実際に治療したり。

初学者には指導者がつきます。

 

 

 

 

〇講義

 今回は山野鵬観先生による「原初生命体としての人間」野口三千三先生の講義です。

 

 

山野先生がもっとも重要だと考えていらっしゃる第五章「ことばと動き」に突入。

編集中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に聞き入る面々。

 

 

〇坐禅

 本堂で二柱ほど座ります。

 筆者は参加できませんでしたので写真がなく。。。

 

 

いつも素晴らしい書が飾られています。

 

文責・伊藤

 

 

| 東京接心 | 23:07 | - | -
7月 関西支部研修会

714(日)高槻市民会館和室にて関西支部研修会が行われました。

お隣の神社では、これから結婚式です。

腹診と背候診の対応       村田先生、井上先生

腹診のあと、背中との対応を学びます。

それが実際の治療時に力となっているのを感じます。

目の付け所と治療ポイント。鍼をして体の変化を見ます。

稽古を重ねるにつれて、相手の体質、鍼への感受性、普段の状態などが解ってきます。

入門講座実技と講義      玉水雲観先生

学生さん(1年生と2年生)。真っ新なひとに「いやしの道」をどう伝えるか、

静かな熱意の交感が行き交います。

傷寒論真髄        村田底観先生

307章 桃花湯の具体的な例

小便不利は津液の亡失によっておこる。下痢やまず、膿血便は桃花湯が主治。

西洋医学病名では、赤痢、痔、潰瘍性大腸炎、自己免疫疾患(関節リュウマチ、エリテマトーデス、儀薪尿病)など

鑑別1 ‖臘(しぶり腹) 便通やおならで楽になる。

    ⊂腸(嘔吐をともなう) おへそ回りの痛み。

鑑別2 慢性下痢  159章 赤石脂禹餘湯 下痢やまず(下焦)。虚がひどいわけではない(太陽病)。

           316章 真武湯 腹をあたためれば楽になる。虚寒水毒、四肢沈重(少陰病)

用い方 熱が下がってから用いる。(尾台榕堂) 熱のある場合は桃花湯証ではない。

308章 下痢膿血便への刺法

【黄帝内経明堂】  腹哀、太白、下巨虚  :熱を減らす、下腹の熱を引く鍼

【同】慢性下痢には 会陽、四満、復溜、中都(ゆるんでダダもれの時) 

309章 呉茱萸湯  吐利、手足厥冷、煩躁(死にそうなほどの) 

頭痛がある(頭重、めまい)、嘔(げっぷ、しゃっくり)、胸満(胸焼け、不眠)、煩躁、心下痞鞕(食欲不振、胃不調)、発作前(首、肩の凝り)

鑑別1 胸満3種(奥田鳳作)

仝礦ヨ弌\垢蠑紊る 枳実 窪んで詰まった 8朴 丸く張った感じ(ガス)

鑑別2 腹中の寒冷(水毒)上へゆけば吐、下へ行けば下痢

‥任メイン 呉茱萸湯 下痢がメイン 四逆湯  

 

東洋医学のとらえる病態が、西洋医学の違った病名の中に横断して見られるのは、病の診方が変わります。

他章と突き合わせて、胸満や腹証の違いを鑑別するのは、情報が整理されて解りやすいです。

 

基本の型(15分制限)・チェックシート     

時間を切って基本の型を通してすると、今の自分の状態と課題がはっきり解ります。

 

『方伎雑誌』   井上泰観先生

47  鼓脹の婦人の妊娠、出産の治療2例

 鼓脹(腹部が腫大して腹皮に青筋があらわれ四肢の腫れない病証)

‖膕牡丹皮湯では→大病人 当帰芍薬散と虎杖煎で→小便快利、腹脹軟和、経血順利

大承気湯、当帰芍薬散、真武湯 証に随い兼用 → 腫脹大いに減ず → 産後では著効なし

48  方用に熟すれば、当惑することなし

たとえ、方意の解りかねる方であっても、自由に活用できる。

49  若き日の、往診デビューの話

僻地に生まれたことで、かえって、未熟なときに経験をたくさん積むことができて幸いだった。

50  寸白(真田虫)の症について

51  破傷風について

52  発狂の陽症は滝水に当たるのがよい。

 

井上先生の講義はたんたんと進んでゆくので、後で一人で疑問に悩むこともあります。でもそれも含めて、自分の頭で考えるための講義だと言えます。

 

丹田呼吸と身体づくり

部屋の照明をおとして静かな時間を持ちます。

それをどう感じるかは人それぞれです。どうだったでしょうか。

相互治療の課題の発見

(腹診と基本の型)で見つけた課題にトライしつつ、新たな稽古相手の治療をします。

振返りの会

今日の研修会でのその人の新しい発見など、それぞれの胸の内を知ることができます。自分の中でそうした言葉への共鳴や反響、反芻もあります。濃密な1日でした。先生方、皆さんありがとうございます。

 

〔関西支部研修会〕毎月第二日曜日 8月のみ第三日曜日             

8月18日(日)、9月8日(日)、10月13日(日)、11月10日(日)、12月8日(日)です

 

〔東洋医学と養生の会〕 毎月第四日曜日に 会場:心耳庵(京都 上賀茂) 又は、栖賢寺で開催する予定です。 

7月28日(日)、8月24、25日(和歌山県色川 合宿)、9月22日(日)、10月27日(日)、11月24日、12月(休み)

 

文責:小倉

| ◇関西支部 | 14:25 | - | -
第11回いやしの道協会・合宿のご案内

 鍼灸による<日本的ないやしの道>を学ぶ

 創始者・横田観風による直接指導が受けられる数少ないチャンス、

   講座「<万病一風的治療>を手ほどきする」あり!

 

主催:いやしの道協会

日時:令和元年 9月15日(日)13時〜16日(月・祝)15時(1泊2日)

場所:茨城県つくば市「ホテル ニュー梅屋」

*秋葉原からつくばエクスプレスで約45分、「みどりの駅」より無料送迎バスあり。

 

【今年の眼目】

「<万病一風的治療>をてほどきする」横田観風

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「江戸期鍼灸からみた<いやしの道>」大浦慈観

「鍼道発秘の刺法」海野流観

「妊産婦との万病一風的治療を模索して」村田底観

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

‣座談会「死の臨床について」朽名宗観、三輪圓観、安田無観、海野流観、石井道観

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

‣実技指導  師範、准師範、正教授の指導者陣 ※少人数の指導体制。

 

参加費

 会 員 22,000円(会員学生 18,000円)

 非会員 27,000円

(本年前期「初伝・入門講座」の受講者は、会員料金にてご参加頂けます。)

*1泊3食・講習会費全て込み。(2日目の昼食代含む。)

*お支払いは、お振込のみになります。(当日払いは、ございません。)

*宿泊・お料理のご用意がある関係上、如何なる理由に関わらず

 1か月前よりキャンセル料が発生致しますので、予めご了承ください。

*持ち物:筆記用具・鍼(入浴用バスタオル・歯ブラシのご用意あります。)

 

お申し込み方法

 メールにて、下記内容をご連絡頂き、こちらからの確認メールを受け取られたのちに、参加費をお振込み下さい。

 3日以上たってもメール返信の無い場合は、届いていない可能性がございますので、

 お手数ですが、再送頂くかお電話にてご一報願います。

  ―蚕蝓´∋疚勝´性別 ➃携帯番号(緊急連絡用)コ慇犬両豺腓漏惺嗣勝鍼灸師の場合は、経験年数

  α畤欧魎望(部屋割の際、なるべく配慮します) Ч圓送迎バス利用 要・不要*「みどりの駅」になります。

  本年前期「初伝・入門講座」の受講者はその旨をお申し出ください。

 

お問い合わせ・申し込み先      

 メールアドレス:iyashinogashuku@gmail.com

 ※電 話:090-6103-2822 坂井

 メールにてお申し込み頂いた後、折り返し振込口座等ご連絡いたします。送信後1週間以上たっても返事が無い場合は、

 メールが届いて無い、あるいはこちらからの返信が迷惑メールboxに振り分けられている可能性がありますので、

 改めてご一報下さい。

 

◆お申込期限:7月31日(振込期限:8月16日)

 *入金後のご返金は致しかねますので、予めご了承下さい。

 

【会場】「ホテル ニュー梅屋」アクセス】

HP参照:http://hotel-umeya.jp/access

住  所:茨城県つくば市谷田部5650−1  ☎029-838-0311

電  車:つくばエクスプレス「みどりの駅」より送迎バスで10分。

  車 :常磐道谷田部ICより車で5分。

     圏央道つくば中央ICより車で5分。

     駐車場は無料です(50台)

 

☆宿泊・研修等に関するご質問は、いやしの道協会(前記の「お問い合わせ先・申し込み先」)にご連絡ください。

 

文責:合宿担当 牛尾

| ◇合宿研修会 | 22:23 | - | -
6月 東京接心会

6月22日土曜日17時半から、駒込の勝林寺さんにて東京接心会が行われました。

 

 

○実技

チェックシートの其々の課題も指導していただきます。

実技の時間に、住職の息子さんからみんなに、かわいい絵のプレゼントがありました!

色んな虫の絵が多かったですが、ほっこりするいい絵です。

 

○講義

お茶とお菓子で一息ついてから、朽名先生による講義です。

ー女性と漢方ー(資料:いやしの道機関誌第6号より)

4月の講義では陽病の冷え性の漢方の解説がありました。

その続きで、陰病の冷え性の漢方、逆子の治療、不妊症の鍼灸治療の意義等についての講義がありました。

また8月には、つわりについて等に続きます。

 

○坐禅

本堂に移動して坐ります。

 

最後に白隠禅師坐禅和讃を唱えて終わりました。

足がしびれつつ、、お疲れ様でした!

今日も良い時間でした。

 

次回の東京接心会は、7月27日土曜日、17時半からになります。

初めての方もどうぞご参加ください。

 

(文責:坂井)

 

 

 

| 東京接心 | 16:52 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE